鈴木頌の発言 国際政治・歴史・思想・医療・音楽

中身が雑多なので、右側の「カテゴリー」から入ることをお勧めします。 http://www10.plala.or.jp/shosuzki/ 「ラテンアメリカの政治」がH.Pで、「評論」が倉庫です。「なんでも年表」に過去の全年表の一覧を載せました。

タグ:サムエルソン

最初の見出しは「ルディー和子さんの 『経済の不都合な話』を読む」だったが、変える。ルディーさんの「話」をネタに私がオダを上げているだけで、ルディーさんがそう言っているように書いているのはほぼウソです。まことに申し訳ございません。
でもけっこう同感してくれるのではないか、とひそかに心中思っています。


ルディー和子さんの 「経済の不都合な話」が面白い。
とりわけ腹を抱えてしまうのがこの部分

第3章 科学になりたかった経済学
・経営学やマーケティングに理論などない 
・教科書どおりにインフレにならない理由 
・「日銀の約束」など誰も信用しない 
・経済学者はおろかなのか、それとも… 
・物理学への憧憬 
・定職につけなかった経済学の祖 
・経済学は厳正科学になりたかった 
・「合理的経済人」が感情の産物という皮肉 
・ノーベル経済学賞が逃れられない後ろめたさ 
・「美しい数式」と絵画や音楽の不思議な共通点 
・数式に魅せられ人間社会を誤認する

ルディーさんはまず、ジェボンズ、メンガー、ワルラスら新古典派に共通する議論の特徴をこうまとめる。
労働量が価値を決めるのではなく、顧客の満足度が価値を決めるという「逆転の発想」
労働価値説の否定でなく、価格形成過程からの排除という「けたぐり」による、古典派経済学のちゃぶ台返し。
価格形成論の除外により、労働者と労働過程を経済学の関心圏外に置くこと。
ついで今度はフィクションの積み重ね。「おとぎ話」を数式化することで真実らしく見せる詐欺的手口。
「顧客の満足度」を微分していくとどうなるか。

財の消費で得る満足感、これを効用と呼ぶ。その一単位(しかも最後の消費)を限界効用と呼ぶ。
これが財の価値を決める。したがって価格を決める。

つまり新古典派は「快感」を定量化するという無茶をやって、それを世の中の事象を測定する上での物差しにしようとするわけだ。

「今のはこんなに気持ちよかったから、これを1万円ということにして、世の中決めていきましょう」という話だ。下品な例えで申し訳ないが…

ついで今度はその「限界効用」をさまざまな条件をつけて積分してみようということになる。つまり、一度干して干魚にしたものを、もう一度お湯で戻して食おうという話だ。

困るのはあらゆるパラメーターが「快感」の関数になってしまうことだ。科学的な様相を呈すれば呈するほど、この極端な主観性による歪みがひどくなる。

ルディーさんは、新古典派がここまでのさばってしまったのはシュンペーターのせいだという。
数学が苦手だったことで有名なシュンペーターがワルラスを天まで持ち上げたのは皮肉だが、かといってシュンペーターにそこまでの責任があるかというと、それはちょっとかわいそうだろう。

新古典派が生き延びたのは、他ならぬケインズとサムエルソンのおかげである。シュンペーターの発想はケインズとは正反対で、ほぼ正統的な古典派だ。

ルディーさんも、高校の微積分でずっこけた「文化系」の人らしいから、シュンペーターとは相見互いだ。他人事ではない。

根井雅弘さんの「ケインズ革命の群像」という本を読んでいる。中公新書の一冊でバブル真っ盛り1991年の出版である。
本棚の隅から掘り出した。我が家の本棚は最近ブックオフの本棚と変わりない。みたこともないような本が並んでいる。読んだ本➗買った本の比率がどんどん下がる。主要な原因は読書力がどんどん落ちているのに購買欲がその割に落ちないからである。
こういうのを「無効需要」というのだろう。同じ無効需要でもかみさんのアクセサリは誰かにくれてやるという活かし方があるが、こちらはおそらく最終需要であろう。

面白い一節があったので、メモしておく。
第一章 ハーバードにおけるケインズ の中の 「マルクス主義者のケインズ批判」というくだり。
スウィージーの一言である。
“資本主義的なゲームの規則通りに行動している人間”という役者が、逃れようのないかのように見える窮地に陥るたびに、この「神」が舞台に登場するのである。もちろんのこと、オリンピア劇におけるこのとりなしの神は、著者と、そしておそらくは見物人にも満足のゆくようなやり方で。万事を解決してしまう。
ただ一つここで困ったことにはーマルクス主義者なら誰でも知っているようにー国家は神ではなくて、他のすべての役者たちと同じように、舞台で一役を演ずる役者仲間の一人に過ぎないのである
これはいつの文章かは知らないが、翻訳・出版は1954年である。(「歴史としての現代」都留重人監訳 岩波書店)

これを読んでう~むと唸ったのは、去年の9月リーマンショック10周年で、その後の変化をどう捉えるのかということで悩んでいたときの問題意識に、かぎ穴に差し込んだ鍵のようにあてハマったからである。

リーマン・ショック後にEU諸国は長く続く不況と失業に苦しんだ。ユーロ圏では思い切った金融救済策が取られたが、それが相対的に弱小な国に重い負担となってのしかかり、PIGGSでは国家存亡の危機を招き、フランスの屋台骨さえきしみ、揺らいだ。

話は2つだ。

一つはサムエルソンよろしく、ふだんは新古典派やネオリベでやっていて、苦しくなるとケインジアンにやってくる。
そんな気楽な若旦那みたいなことしてちゃいけないよ、というのがジョアン・ロビンソンの言い種だが、スウィージーにとってはそもそもそれがケインズじゃないの? ということになる。

もう一つは、もうリーマン・クライシスはないよということだ。次にこれが来たら世界経済と資本主義国家はすべて底が抜けてしまう。そこんとこを本気で反省しているの?
あとになったら、「ケインズみたいな方法、知らないほうがまだマシだったんじゃないの」ということにもなりかねない。

南海大地震じゃないけど、こういう経済システム、そろそろ根本から変えないとだめなのじゃないかな。それには「民主主義的社会主義」しかないんじゃないかな、ということだ。

↑このページのトップヘ