鈴木頌の発言 国際政治・歴史・思想・医療・音楽

中身が雑多なので、右側の「カテゴリー」から入ることをお勧めします。 http://www10.plala.or.jp/shosuzki/ 「ラテンアメリカの政治」がH.Pで、「評論」が倉庫です。「なんでも年表」に過去の全年表の一覧を載せました。

の続き

柳原白蓮の歌をネットで探すのはかなり難しい。とくに後期のものはほぼ皆無である。

柳原白蓮における歌の変容と到達

中西洋子さんという方の論文が参照できる。戦後に出した歌集は昭和31年の「地平線」が唯一のものであるが、ここにその歌がかなり掲載されている。 

その前に一首だけ

静かなり 遠き昔の思出を泣くによろしき 五月雨の音(『流転』昭和3年)

宮崎龍介との同棲生活が始まって、どうやら落ち着いて、まもなくのころの歌である。

この人の歌は、例外なく、下二句が抜群である。短歌はとんと素人だが、下二句がまず浮かんで、それに5・7・5がツケられているような趣を感じる。


「地平線」は「万象」「悲母」「至上我」「人の世」「旅」「去来」などの小題をもつ317首からなる。

その内の「悲母」60首が戦死した吾が子、香織を偲ぶ歌群である。


焼跡に芽吹く木のあり かくのごと吾子の命のかへらぬものか

蒼空に一片の雲動くなり 母よといひて吾をよぶごとし 

秋の日の窓のあかりに 亡き吾子がもの読む影す 淋しき日かな

夜をこめて板戸たたくは風ばかり おどろかしてよ吾子のかへると

英霊の生きてかへるがありといふ 子の骨壺よ 振れば音する

かへり来ば 吾子に食はする白き米 手握る指ゆこぼしては見つ

もしやまだ かえる吾子かと 脱ぎすてのほころびなほす 心うつろに

かたみなれば 男仕立をそのままに母は着るぞも 今は泣かねど

しみじみと泣く日来たらば 泣くことを楽しみとして生きむか吾は

戦ひはかくなりはてて なほ吾子は死なねばなりし命なりしか

身にかへて いとしきものを 泣きもせで  何しに吾子を立たせやりつる

最後の

身にかへていとしきものを泣きもせで 何しに吾子を立たせやりつる

という歌は、下記の記事と対照すると、いっそう痛切である

先日、柳原白蓮が寄せ書きした日章旗が発見されたという報道があった(西日本新聞)。

白蓮と宮崎龍介が住んでいた目白の居宅の離れには、東大の学生寮があった。そこに寄宿していた加藤という学生が出征することになった。

その日章旗は、海軍入営前に2人から贈られたものだそうだ。1942年のことだ

白蓮が 「きみ征きて 祖国安泰なり 君が征く 東亜の空に 栄光うまるる」 と筆で書き、宮崎も「武運長久 祝入営」などと書いていたという.

千葉県の戦争遺跡より


この後は中西洋子さんの文章から、抜粋紹介させていただく。

「悲母」60首の優れているところ

その悲しみははかりしれない。しかし一方、悲歎に暮れながらもそれに溺れることなく堪え忍び、じっと向きあっている目がある。

しかも表現は具体性をもって悲しみの情とひびきあい、また修辞的な技巧の入る余地なく、いずれも単純化された詠いぶりである。

平和運動の担い手への歩み

46年、NHKラジオを通じて訴えると、「悲母」への反響はものすごいものだった。彼女の主導で「万国悲母の会」が結成される。

個の悲しみを共有し、反戦に繋げようとする婦人たちの運動である。

宮本百合子との対話

49年4月の「婦人民主新聞」は白蓮と宮本百合子の紙上対談を掲載している。この中身は稿を改めて紹介する。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ