2020年11月
「タイ民主化闘争を牽引する女性と学生」
タイ デモ

はじめに
7月に始まったタイの民主化闘争は国内を席巻している。新世代の学生と労働者がその先頭に立っている。
今回はバンコクのチュラロンコン大学の元准教授 GilesJi Ungpakorn に話を聞く。
彼は2006年の軍事クーデターの際に軍部を批判、その後弾圧を逃れるため英国に亡命を余儀なくされている。

Q: この闘争の原因、青年達の要求は?

A: 運動の主体は若者、主に中等学校や大学の学生です。しかし、それは普通の働く人々を引き付け、多くの参加者を得ています。いくつかのデモの参加者は10万人以上でした。

彼らは3つの要求を掲げています。
一つ目はプラユット首相の辞任です。彼は元将軍であり、2014年の軍事クーデターで権力を掌握しました。
第二の要求は、憲法の全面改正です。今の憲法は軍によって起草された非民主的なものです。
第三の要求は君主制の改革です。具体的には新憲法に拠って付加された条項を削除することです。

彼らは特にヴァジラロンコン王の行動に腹を立てています。国王の金銭的欲望には限りがありません。彼はほとんどの時間をドイツにあるハーレムで過ごしています。彼は女性をぞっとするような方法で扱うことで知られています。

若者、とくに若い女性の勇気はとても印象的です。彼らは恐れを知らず、タイを民主化するために戦い抜く決意をしています。
タイ 女性

Q: 民主化闘争とパンデミックの関係は?

A: 新型コロナの症例数と死亡数は多くはありません。しかし主要産業である輸出、サービス、観光業は世界経済に大きく依存しているため、経済は深刻な影響を受けています。

若者たちは希望を失い、将来を心配しています。彼らは軍による政治の支配を軽蔑しています。


Q: タイの支配階級はどのような存在か。それはどのように国民を支配しているのか?

A: タイの支配階級は軍隊です。それは戦前からずっと国の政治において中心的な役割を果たしてきました。
最近では、2005年に選挙で選ばれたタクシン首相に対する攻撃が典型的なものです。

支配階級のもう一つの重要な部分は資本家です。それは他のほとんどの国と同じです。資本家たちは、経済を支配する大規模な複合企業に仕切られています。

最後の部分は君主制です。しかしこれは完全な神話です。「支配するために生まれた人々と支配されるために生まれた人々がいる」という神話を作り上げるのが目的です。
彼は軍のシンボルに過ぎません。軍が彼にそこにいるよう指示しているので、王位に就いているだけです。

今回の運動は君主制に直接戦いを挑んだところに特徴があります。若者たちは君主制、それを守るためのばかげた制度のすべてを無視し、闘争を続けています。


Q: 別の軍事クーデターの可能性は?

A: その可能性は低いと思います。なぜなら彼らは現在権力を握っており、それを潰す必要はないからです。
彼らは、現在の仮装的な民主的統治の幻影こそが、最良の選択肢であると思っています。

しかしその気になればいつでもクーデターを行える力を持っています。


Q: 青年層と労働者階級との関連は?

A: この運動は若者、主に学生、そして特に女性が主導しています。彼らはあらゆる階級・階層から来ています。

もっとも多いのは普通の労働者階級ですが、その中にはホワイトカラー労働者も混じっています。

今回の運動の新たな傾向として、かなりの部分が中流階級の出身だということが上げられます。タイの中産階級は軍と君主制を支持してきました。そういう意味では注目すべき傾向と言えます。

学生たちの運動スタイルは自主的で民主的です。これはとても良いことですが、一面では非戦略的で分散的という弱点に繋がります。

政府が崩壊することを期待して、毎週フラッシュモブを組織し続けることはできません。

社会を揺るがすような闘争に発展するためには労働者との連帯が必要です。そして工場、交通機関、商店などでのストライキとの結合が必要です。

Q:  左派政党の果たす役割は?

A: タイには組織的な左翼はありません。タクシン政権時代にはいくつかのグループがありましたが、クーデター体制の下で崩壊しました。

今日ではふたたび、自分を左翼と見なす人が増えています。それらの人々が集まって政党を組織する必要があります。

Q: 香港での運動の影響は?

香港の活動家との間にはつながりがあり、互いに学んでいます。香港の闘いの最大の教訓、それは「街頭激発行動は危険だ!」ということです。

タイでも10年前に「レッドシャツ」という運動がありました。バンコクの主要なポイントを何日も占領しましたが、タイ軍は彼らを襲って冷酷にも虐殺しました。

運動はその日のうちに消滅し、組織は跡形もなくなくなりました。
現在の運動では、たくさんの人を集め、スピーチをし、そして分散して家に帰ります。
それは賢明な運動ですが、それだけでは世の中を変える力にはなりません。

やはり労働運動とストライキへの結び付きを心がけなければなりません。

Q: この闘争が東南アジア地域や米中両国にあたえる影響は?

A: 米国と中国はタイの現状維持を望んでいます。タイの政権はこの状況を利用しています。

トランプ政権下の米国政府は、タイ国家の打倒に賛成していません。これは香港との最大の違いです。
中国も、香港での闘争がこの地域に広がることを望んでいません。

ベトナム、マレーシア、フィリピンなどの国々は、タイでの出来事を熱心にフォローしています。なぜならもしタイの民主化が成功すれば、その波は必ず近隣諸国にも訪れるからです。

つまりタイを取り巻く周囲の環境は冷ややかな中立であり、民主化を求める人たちにとって必ずしも好意的なものではありません。

以下略