アフリカ日本協議会 -Africa Japan Forum-   

以下はあるセミナー報告の紹介である。報告そのものがアップロードされているので、興味のある方はそちらにお越しいただきたい。

はじめに

アフリカでのCOVID-19の状況や対策に関する報道は増えている。しかし中には現実を反映していないものもある。

とくに、4月30日のNHK BS1国際報道2020「南アフリカ・学校まで略奪〜新型コロナで社会崩壊寸前」の報道内容に対しては看過し難い誤りがある。

アフリカ日本協議会の有志会員は、「先入観に基づく報道によってつくられた誤解を解くこと」をもとめた。

このような経過により、緊急Zoomセミナー「新型コロナ:南アフリカの皆さんの報告&報道問題を考える」が企画された。

5月6日、このセミナーは日本と南アフリカ共和国をむすんで行われた。

1.南アにおけるコロナ感染の現状

南アフリカでは新型コロナのPCR検査を累計27万9379件行っています。

(これは5月6日現在の数字。同じ日、日本は26万0190件)

最近は1日1万件以上のペースで実施し、感染者の早期発見・早期隔離により、感染拡大のスピードを抑えようとしている。

南アのコロナ感染者は7572人(5月5日現在)でアフリカで最も多い。しかしこれは積極的に検査を実施しているためでもある。


2.先進的な南アフリカのコロナ対策

3月15日、ラマポーザ大統領は世界に先駆けて国家災害宣言を出した。

3月26日、全国ロックダウンに踏み切った。当初予定では3週間だったが4月末まで延長された。

5月1日からは外出制限や経済活動の制限が一部緩和された。しかし国境封鎖は継続した。

飲食店の営業はデリバリーのみ、酒類やたばこの販売は禁止された。

ロックダウン開始後も感染者は増加しているが、増加スピードは抑制されており、オーバーシュートは見られていない。


3.なぜ南アで先進的な取り組みができたのか

南アフリカのロックダウンはまだ死者が1人も出ていない段階で決定されました。貧困層が多い国内事情の下では、感染が急拡大すると対応が困難になると見込まれたためだ。

結果として早期のロックダウン開始が感染拡大のスピードを抑えました。これはWHOからも高く評価されている。

また日本のLINEにあたる「ヘルスアラート」というシステムを用いて、市民への正確な情報提供を行った。これはWHOがそのまま採用している。

このあと演者をふくめたディスカッションに入った。以下はその主な発言。

吉村さん

4/30のNHK国際報道は、アフリカへの偏見に基づいたセンセーショナルで、きわめて無責任な内容だ。

南アフリカ政府は新型コロナについて積極的に検査を行い、しっかりと情報公開も行っている。

ロックダウンについての大統領のスピーチは、人びとから強く支持されている。

市井の人びとのあいだには、この危機を乗り切るための人種を越えた連帯が生まれている。

高達さん

南アフリカの経済格差は世界一。若年層を中心に失業は深刻で、貧困層が多い。

しかし酒屋の強盗の映像を、食べるものに困った人々が食料品店を襲ったかのように切り取り報じるのは問題だ。スーパーマーケットは開いていて、食料品は問題なく買うことができる。

青木さん

ラマポーザ大統領は、まだ国内で死者が一人も出ていない段階でロックダウンを決断した。この決断は人種ゃ党派をこえて支持されている。

地域にはもともと、犯罪発生、停電や断水の情報を共有するためのコミュニティ・グループが存在した。それがいま地域共助のための組織になりつつある。

フロア発言

必ずしも現実の状況を踏まえない報道が散見される。その背景にはメディアの構造的な問題がある。

紛争や暴力といったアフリカのステレオタイプに沿った記事やストーリーのほうがデスクに受け入れられやすいという事情があるのだろう。

最後に

メディアの情報発信担当者は、先入観や偏見に基づいたネガティブな観点を引き継いでいます。その観点からの報道は、すでに日本の視聴者に一方ならぬ誤解を与えています。

現実に基づいた、バイアスの少ない情報を伝えていく努力をすることが大事ですが、それと同時に闘いが必要です。

ネガティブな情報に偏ったり、特定の意図をもって情報を都合よく歪曲するような報道があった場合に、これをただしていくことがとても大事です。

現場にいる人間としては、この観点をゆるがせにしないことが必要です。

今回の座談会では、このことが確認されました。


ということで、天下のNHK相手に「撃ちてし止まん」というのが小気味好い。

なおより詳細に事実関係に触れられている下記の文章も参照されたい。

NHK BS1国際報道(2020年4月30日放送分)への抗議