以下は
(広島経済大学研究論集 1987) の摘要である。
2018.07 髙山裕二「ポピュリスムの時代」の情報も追加しました。ただし高山さんの主張には相当異論があります)


かなり辛口の評論になっているが、30年後の今書けば、かなり受け取り方は違ってくるのではないかと思う。今日読んでみると、清家さんが弱点と見ていることが、むしろ非常に新しい視点を展開しているようにも思える。
清家さんは、ルルーが思想家ではなくジャーナリストで、宣伝コピーづくりの名手と評しているように見えるが、たしかに卓見である。しかしかなり水準の高いジャーナリストであったことも間違いないところであろう。

ルルーの思想

1.ソシアリスム(socialisme)の提起

ルルーは宣言する。
私は著述家ではなく信仰者である。その信仰の対象は人類全体 Humaniteである。私はこの信仰を理解し、それに仕えたことを幸福に思う。
ソシアリスム(socialisme)は引力の如き科学的法則である。それは社会的倫理としては協同(アソシエート)である。それは実践としては、多数者階級の物心両面での向上である。

その元になるのは人々の心の繋がり(連帯)であり、生き生きとした日々の暮らし(知情意の備わった営み)であり、それが世代を超えて巡っていくこと(円環の連鎖)である。

2.サン・シモン派への接近

ルルーの評論家としてのスタートは、メッテルニヒ反動のさなかであった。一方でイギリスを起点に産業革命の波が広がり、自由を標榜したブルジョアが革命を裏切り「ブルジョア貴族制」を構築しつつあった。

フランス大革命の共和主義は、カルボナリ党やフリーメーソンを経由してサン・シモン派に流れていった。ルルーもこの流れの中に居た。

サン・シモンの主張
人間による人間の搾取がこれまでの人間関係の基礎だった。これからは協同した人間による自然の開発が進められなければならない。
そのためには、最も数の多い貧困者階級の生活を物心両面から改善すべきである。
理想の社会建設を志向する精神が彼らを惹きつけたと考えられる。


3.サン・シモン派からの離脱

ルルーはジロンド派のコンドルセが唱える「進歩と完全化」を称揚した。そしてコンドルセを引き継ぐサン・シモンに影響されるようになる。

しかしサン・シモンによる「進歩と完全化」は、やがて「宗教」へと収斂していく。「組織は調和的になるほど、宗教的性格を帯びるようになる」のだそうだ。

ルルーはサン・シモンの調和的世界を尊重したが、宗教化は首肯しなかった。絶対者を前提とするかぎり、自由も平等も否定されていく可能性があると見たためである。

彼はサン・シモン派から離れ、「独立評論」誌を立ち上げた。ここから彼の眞面目が発揮されるようになる。

ルルーとサン・シモン派の間にはもう一つの決定的な違いがあった。

サン・シモン派はエリートに指導される社会を構想した。ルルーは共和主義者でありデモクラットであり社会主義者であった。

ブルジョワジーの特権は認めない。ルルーは特権階級の支配の代わりに、代議制政治を「進歩のための必然的道具、不滅の形態」と位置づけた。


4.ルソーとルルー

フランスに社会主義理論が形成されていくのは7月王政下である。何故か?

ナポレオン後の反動政治は、フランス革命を闘った人々にとって耐え難い屈辱であった。さらにフランスにも波及しつつあった産業革命が、多くの貧困層を生み出し、人間の不平等に拍車をかけた。

だから自由・平等の精神は、否応なしに社会主義の色彩を帯びざるを得なかった。これがその理由である。

ルルーは人民主権を唱える点ではルソーの後継者であったが、契約理論は受け入れなかった。彼の立場は一種の全体論であった。
人間一人一人は社会全体の反映である。各人はそのままで人類全体であり、一個の主権である。
そして主権論の立場から、それを否認されたものとしてプロレタリアを位置づける。

ここで有名な言葉「自由・平等・博愛」が飛び出す。
フランス革命と全人類の遺産である,自由・平等・博愛,一言で言えば人民主権がないがしろにされている。
これは「独立評論」の1842年9月号に載せられた「金権政治論」の一部のようである。


5.多数者革命の提案

現在おこなわれているブルジヨワジーとプロレタリアとの闘争は,労働要具を持たない階級とそれを持っている階級との闘争である。
ルルーはこう宣言する。

しかし、ルルーは契約論ではないので、労働者階級の階級闘争という視点には立たない。
彼が念頭に置くのは、労働者階級と言うよりはフランスの3,500万の国民のうちの3,400万人のたたかいである。まさに多数者革命なのである。

彼は、無産階級が政治的権利と経済的権利をもとめて議会の改革と憲法改革に立ち上がるよう訴える。

以降の論考については省略する。