平和市長会ニュース(Mayors for Peace Newsletter)の2010年1月号です
記事の見出しは「ニカラグア全自治体が平和市長会議に加盟」となっています。

要旨は以下の通り
2010年1月、秋葉会長は、加盟都市が急増した中米のニカラグアを訪問し、オルテガ大統領や前国連総会議長のデスコト氏らと会見した。
ニカラグアは内戦を経験しており、平和への思いを強く持つ国であることから、核兵器廃絶への深い共感を示した。
オルテガ大統領は、原爆の話は子どもの時から聞いており、是非日本を訪問したいと考えていると述べた。
秋葉会長に、この国の最高の栄誉である「ルーベン・ダリオ文化独立勲章」が授与された。訪問に前後して「核兵器廃絶に向けて努力する」アピールが出され、ニカラグア国内の全自治体が平和市長会議に加盟しまた。

こういう経過を知っていたら、メディアの“掌返し”に疑問を持つのが普通でしょう。

平和市長会のニュースについては下記もご参照ください
2012年11月23日