続縄文文化とは続縄文時代に北海道の各地に花開いた文化ということになる。
なにか堂々巡りみたいな規定で、独自性に基づかない規定である。

おそらく前半の恵山文化は、津軽の縄文後期文化の延長と思われ、独自の意義は薄いのではないのか。

したがって続縄文という場合、我々はもっと、続縄文中期~後期の道央低地帯に起きた特異的な文化に焦点をあわせるべきではないかと思う。

国立歴史民俗博物館の高瀬克範さんは「続縄文文化の資源・土地利用」という論文でおおよそ下記のごとく主張されているが、妥当と思われる。


1.縄文後期に共通する特徴は、縄文文化期よりも魚類の重要性が高まる点にある。

2.道央部は続縄文文化期後半期に優勢を示し、外来系の物資入手力が相対的に高かった。サケ科の利用を基軸とした経済が基盤となっていると考えられる。

3.このように比較的定住性の高い集団に隣接して、は広域に移動して物資を運搬する集団が併存していたらしい。

4.東北北部の弥生文化は平野部の稲作地帯と狩猟採集に重きをおく集団が併存していたが、弥生中期の気候激変によりが崩壊し人口が激減した。その結果、現象的には続縄文文化の分布域拡大につながった。