伊藤美誠選手の中国三強撃破は衝撃的だったが、実はこれはかなり必然の結果のようである。
世界ランキングを見ると、中国は三強に続く若手が出てきていない。しかし日本は強豪が次々に輩出している。中でもすごいのが芝田沙季という選手で、この人の強さは全盛期の中国を彷彿とさせる。
今の卓球はサーブ、レシーブ、三球目攻撃でだいたい決まってしまうが、そのあとに本当の強さが出てくる。こういう選手は最初は目立たないが、受けに強いから、力がついてくると絶対に負けなくなる。チキータと高速サーブでじわじわといつの間にか追いついてくる。相手としてこんなにイヤな選手はいない。
こういう人は強い選手には勝てないが、弱い選手には負けないのだ。
早田にはこれがない。
このままなら多分、東京五輪は伊藤美誠と芝田沙季で、早田がダブルス要員ということになるのではないか。平野はまことに気の毒だが大化けしないと出場困難だ。
ただしまだほかに選手が出てくるかもしれない。