最初に書いたように、国立科学博物館の旧石器時代を担った人間についての記載は気になる。
それとは書いてないが、3万年前くらいを切れ目にして、違う人達が日本人であった可能性がある。
そんなことを何気なく示唆しているように思えたのだ。
それで歴史をすこし詳しく調べてみた(この世界の研究者はタコツボ掘りばかりで、不毛な定義争いを延々と聞かされるのだが…)。
そんな中で、自分なりに時代区分が見えてきた。

1.無人時代
まず無人時代がある。短ければ3万8千年前、長くても3万5千年前には終わる。
今後、居住を示す新証拠がいくつか出てくるにせよ、4万年前を遡ることはないだろう。それ以前のものはすべて嘘っぱちと考えて良い。

2.ナウマンハンターの時代
ナウマンゾウを追って朝鮮半島から渡ってきた人々がいる。なぜ朝鮮か、それはナウマンが南方由来、つまり朝鮮から来たからである。
ただしナウマンが来たのは30万年前だった。そして、どうやって来たのかはミステリーである。
学者は平気で「朝鮮海峡が陸地だったから」という。しかしそれが陸地だった時代、きっと世界は寒冷だったに違いない。
だとすればなぜ南方系の像であるナウマンが寒冷の地・日本へと歩を進めたのか、さらにそれに飽き足らず、北海道にまで渡ったのか。
誰も説明しないし疑問にすら思っていない。

3.マンモスハンターの時代
とにかく、寒冷期が続けば南方由来のナウマンはいずれ生きていけなくなる。そして死に絶える。
そうするとナウマンハンターも生きていけなくなる。ただし人間はナウマンよりもう少し賢いから、なにかかにか生きる手立ては見つけるだろう。
一方、ナウマンのいなくなった大地には北からのマンモスが入り込む。マンモスがやってくれば、マンモスを追って暮らすマンモスハンターもやってくる。
私は昨日までは姶良がどうのこうのとか言ってきたが取り消す。もっとロングスパンの話だ。
3万年前から2万5千年前までの期間、ナウマンとマンモスは落ち目の俳優と売り出しの若手のように日本列島に共存した。もっともナウマンは北海道南部まで生息したが、マンモスが津軽海峡を渡ることはなかった。
いっぽう人間様はどうかといえば、ナウマンハンターは気息奄々だったのにマンモスハンターは意気盛ん。マンモスの生息域を乗り越え、津軽海峡を乗り越えて本州中部まで進出した。

4.プレ縄文人の形成
ナウマンハンターとマンモスハンターの比率はおおよそ1対4だった。基本的にはマンモスハンターがナウマンハンターをM&Aした。
気温の激変のために、やがて日本列島からナウマンもマンモスもいなくなり、二つのギャートルズ・グループは縄文人へとインテグレートしていくことになる。
彼らは「落とし穴猟」という、より高度な技術を開発することでイノシシ・大鹿ハンターとなり、さらに弓矢という飛び道具の開発により自然の支配とみずからの生き残りに成功した。

5.縄文文化は津軽から
最初の縄文土器は1万6千年前の津軽の外の浜だった。それは津軽の生産力が特別優れているからではなく、そこがマンモス人とナウマン人の最初の出会いの場所だったからだと思う。
マンモス人は先着民であるナウマン人から大いに学んだに違いない。そしてその知識は津軽を中心に日本全土に同心円状に広がっていったに違いない。
私はマンモス人をY染色体ハプロのD2系に、ナウマン人を同じくY染色体ハプロのC1系に比定している。どちらも今では日本人(アイヌ人)以外には絶えてしまったグループである。