ニフティニュースに樹々希林の追悼記事が載った。

樹木は芸能界で「政治的」と忌み嫌われるジャンルに踏み込むことも厭わなかった。
彼女は事務所にマネージャーも置かず、自分自身で仕事を選び、現場に趣く。
東海テレビ制作の『戦後70年 樹木希林ドキュメンタリーの旅』(6回シリーズ)もその一つ。
残留孤児をテーマにした回では…「(戦争は)人間の世界で止めることができるはずなのに、そりゃ止めなきゃいけないですよね」と言う…
これに対し、普段政治の話をしない笑福亭鶴瓶も、「憲法9条だけはいろたらあかん!」と呼応した。
2015年7月30日、樹木希林は辺野古の新基地建設に反対する人びとが集うキャンプ・シュワブのゲート前に現れた。
座り込みを続ける86歳のおばあ、島袋文子さんの隣に座った彼女は、「沖縄戦から辺野古問題までを熱く語」った島袋さんの手を握り、「辺野古問題を俳優仲間に広める」と応えた。

樹々はその後、沖縄問題にさらに踏み込んでいるようだ。
2016年3月には、沖縄の基地問題に挑んだ映画、『人魚に会える日』の公開記念ショーに出演し語っている。


「遠い島の遠い話になって、私も皮膚感覚で感じることは難しい。沖縄はあまりに美しいから、日本の生贄になっていることも際立って見える。(本作も)生贄が大きなテーマですね」
そして、「この映画がいま誕生したことは、とても意味があることだと思います」と仲村監督らを賞賛している。