イタリアのレジスタンス闘争について勉強したが、フランスに比べても資料は少ない。
権力関係は上下・左右・南北と入り組んでいて、誰が敵で誰が味方かは見方によって変わってくる。
また最近ではイタリア共産党の消滅によって、歴史修正主義が台頭する傾向にある。
まずはとにかく客観的事実を並べて、その上で第二次大戦の含有する歴史的価値観、すなわち立憲リベラル思想と共和主義、さらに民主主義の視点から大づかみに評価すべきであろう。
以前、フランスのレジスタンスについて学んだ。その前にスペイン人民戦線についてもかなり深く学んだ。これらとの共通性と違いに留意しながら総括することも大事な視点だ。
比較という意味ではチトーに率いられたユーゴスラビアのパルチザン闘争、さらにギリシャの武装闘争も学ばなければならないが、これらに関する資料はさらに少ない。
ということで、とりあえずはフランスのレジスタンスを念頭に置きながら共通性を分析してみたい。
1.反ファシズム闘争
イタリアの戦いこそ文字通りファシズムとの直接対決であり、統一戦線の戦いであった。
ファシズムは反立憲主義であり、反共和主義であり、反民主主義である。エマヌエル国王とバドリオによる反ファシスト政権は反共和主義であり、反民主主義であるが、立憲主義であった。したがって反ファシズム統一戦線は、何よりも立憲思想によるファシズム独裁の政治的包囲であった。
2.外国の支配からの解放の戦い
世界の敵となったナチス・ドイツ。その直接支配を受けたものがこれを排除する、という民族的性格を担った闘争であった。(この性格はユーゴ・ギリシャの闘いではより顕著である)
3.左翼が中核を担う戦い
政治勢力として共産党と急進的労働運動が中心を担った。ファシスト支配下の43年3月、トリノから拡大した労働者の経済要求闘争が展望を指し示した、共産党の闘いなしに情勢は切り開けなかった。ソ連が支持・支援したからというのは、共産党が圧倒的支持を獲得した理由にはならない。(逆の理由にはなっても…)
4.連合軍勢力と結合した戦い
もともと米英両国が民主的な国というわけでもないし、左翼に対してはむしろ敵対的感情を抱く国々である。これらの国に反ファシズムの立場を貫かせることは、それ自体が政治闘争である。
戦争中はこれに成功し、戦後は野合することなく原則を貫いた。と私は評価する。
5.スターリンと一線を画する戦い
フランス共産党のトレーズは「人民の子」というキャッチフレーズで売り出したが、トレーズもトリアッチも紛うことなき「スターリンの子」であり、大粛清時代を生き残ったという“後ろ暗い過去”を引き摺っている。
にも拘らず、大衆の支持に支えられて幾多の政治的判断を自力で行った。スターリンもあえてそれには干渉しなかった。しかしそのような “慣れ合い” がほんとうに良かったのかどうかはわからない。