資本論第三巻第9章はえらく難しい。えらく難しいというのは記述が難しいだけでなく、そもそもそう言えるかどうかが未確定だからである。結論としては、

社会のすべての生産部門を総体としてみると、生産された諸商品の生産価格の総計は、諸商品の価値の総計に等しい

ということになる。

ただこの断言は、実のところ確証されているとは言い難い。あまりにも多くの変数がありすぎる。

これに流通費・金利などさまざまな費用が上乗せされた上で売買価格になるのだが、剰余価値の視点で大づかみにいえばそう言っても間違いないのかもしれない。

ただ私にはマルクスが重要な事項を忘れているように思える。それは労働者が消費者として立ち現れるまでの時差である。

労働者は原則として前もって賃金を受け取る。そして生産過程に入るのだが、生産過程を送るあいだも労働者は生活過程において消費している。

この消費過程において労働者は発展し、より多くの欲望を持つようになる。

したがって前渡しされた賃金(労働力の価格)以上の欲望を伴って市場に消費者として登場することになる。

したがって、需要と供給の関係においては、つねに需要が供給を上回っていることになる。

したがって市場価格は生産価格をつねに上回るはずだ

問題は市場価格と「諸商品の価値」(交換価値)との関係が、マルクスの文脈上で不分明なことだ。


いずれにしても偉そうなことを言うにはまだ早すぎる。もう少し勉強が必要だ。