サンダース・コービン・メランション現象と連帯運動

以下は日本AALA総会での発言を補強したものである。

1.3つの選挙に共通する3つの流れ
この1年の間に欧米では大きな動きがありました。アメリカの大統領選挙、イギリスの国会議員選挙、フランスの大統領選挙の3つです。イギリスの国会選挙はその前のEU離脱国民投票がセットになっています。

選挙の結果は多くの識者により論じられていますが、私はAALA連帯運動の立場から考えてみたいと思います。

選挙には3つの大きな流れがありました。

一つはアメリカのトランプやフランスのルペンなど反動的な扇動政治の台頭です。これらはメディアによってポピュリストと一括されます。イギリスの離脱派にも似たような傾向がありました。

もう一つはアメリカのサンダース、イギリスのコービン、フランスのメランションらが打ち出した、富裕層の支配に反対し国民主権の政治を目指す流れです。

第三は、富裕層を地盤とし、“1%のためのグローバリズム”を標榜する既成政党が急激に弱体化するという流れです。
3つの流れはいずれも重要なものですが、長期的に見れば、一番は富裕層の政党が影響力を失いつつあることでしょう。

これらの流れが全体として意味するのは、富裕層の超国家的支配を拒否し、もういちど国民本位の政治に立ち帰ろうという国民の意識変化です。

それは国家・国民の復権と経済主権の回復を意味するので、反グローバリズム、新しい民族主義とも言うべき動きです。そして、途上国の民族的要求と根本において通じているものです。
2.良い民族主義と悪い民族主義

民族主義には良い民族主義と悪い民族主義があります。悪い民族主義は「排除する民族主義」です。彼らは植民地帝国だった「古き良き世界」に戻ろうとします。世界の人々を除け者にし、弱者をいけにえにしてみずからの地位を守ろうとします。
しかしそれは正しくないだけでなく実現不可能です。その先には未来はありません。だから一時的にそれに従った人々も、いまでは急速に離れつつあります。イギリスでEU離脱をシングルイシューとして躍進した政党はもはや影も形もありません。

これに対して、良い民族主義は国民主権、とりわけ経済主権を侵しているのが富裕層の超国家的支配であることを知っています。弱者も同じ被害者であり、彼らと敵対しても問題は解決しないことを理解しています。

また当面する困難の多くが、自国のみの力では解決できないことを知っており、諸国民との共同が必要であることを知っています。

それは連帯する民族主義であります。その流れが急速に先進諸国で力を得つつあることが、今回の3つの選挙で示されたのではないでしょうか。
3.選挙が指し示す今後の方向
富裕層のためのグローバリゼーション反対、国家と国民の経済主権を守れ、国際経済関係に公正なルールを、平等互恵・貧困と無知を撲滅する国内及び諸国関係の構築を!

というスローガンが今後打ち出されていく必要があるのではないでしょうか。

“もう一つの世界は可能だ”

正義と友愛にもとづく諸国民の連帯万歳!

三大選挙の評価については、下記の記事を参照されたい。