佐川宣寿氏の「着任インタビュー」が大変面白い。

2013年に大阪国税局長に就任した際に、納税協会のインタビューに答えたもの。

我々の使命は、「納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現する」ことであります。

租税回避や悪質な脱税を行っている納税者に対しては、毅然として厳正に対処していきます。

そのために、我々は厳正に調査・徴収を行って、公平な課税の把握をしていくとともに、悪質な納税者に対しては厳格な態度で制度上可能なあらゆる手段を使って是正させていくことが必要であります。

我々に与えられた使命を着実に果たしていくためには、何よりも国民の皆様に信頼される組織であることが不可欠であります。

国税職員は、納税者に対して法令の遵守を求めるわけでありますので、職員一人一人が高い倫理観を持って、綱紀の厳正な保持に努め、基本を忠実に守って職務に専念しなければならないと考えています。

座右の銘というものは特にありませんが、仕事をする上では、平常心で誠実に取り組むことが大切だと思っております。なかなかいつもそのとおりにはいかないのですが、心がけるようにしております。

今度のご栄転には次のようなコメントもある。

正義を顧慮することなく 安倍首相のポチに徹した佐川さん!!
栄転おめでとうございます!

あなたこそが 安倍首相の人事権行使の最高の証拠です!(平川勝則氏

基本法では文書保存期間は5年であるものを、勝手に細則を作って1年にし、証拠を隠滅した。

「近畿財務局の管理にかかる公用文書である一連の書類を、不法に廃棄・隠匿するなどし、もって公用文書を毀棄し」(森友事件の告発書)たこと、さらにそのことについて国会で「知らぬ、存ぜぬ」でつっぱり続けたことへの論功行賞だ。