鈴木頌の発言 国際政治・歴史・思想・医療・音楽

中身が雑多なので、右側の「カテゴリー」から入ることをお勧めします。 http://www10.plala.or.jp/shosuzki/ 「ラテンアメリカの政治」がH.Pで、「評論」が倉庫です。「なんでも年表」に過去の全年表の一覧を載せました。

たまたま大谷さんの論文を見つけて読み始めたのだが、なにせ長くて難しい。こちらには資本論の知識もないし、ドイツ語も完全に錆び付いている。

もともとは、金融問題や財政問題に首を突っ込み、こちらもさっぱりわからないものだから、少し基本を抑えておこうということで始めただけの話である。

ところが、パソコンのマニュアルみたいなもので、わかりやすい解説のはずが、何のことやらちんぷんかんぷん。またまた難問の山ということになってしまった。

脳みそのスタミナが著しく落ちてきている。視力も連続1時間が限界だ。まぁ、大谷ゼミの聴講生になったつもりでぼちぼち行こうか。

とりあえず、今まで読んだ大谷論文を列挙しておく。

ブログ掲載日

ブログ題名

元文献名

『資本論』第3巻第4及び第5篇はなぜ分かりにくいか(tabtabさん)

『資本論』3巻28章の“怪”(「海つばめ」さん)

「資本主義以前」(『資本論」第3部第36章)の草稿について-『資本論』第3部第1稿の第5章から-

「貨幣資本と現実資本」(「資本論」第3部第30-32章)の草稿について…第3部第1稿の第5章から…

「資本論」第3部第1稿のMEGA版について 

「貨幣資本と現実資本」(「資本論」第3部第30-32章)の草稿について…第3部第1稿の第5章から…

マルクスの利子生み資本論―「資本論」の草稿によって―」

「貨幣資本と現実資本」(「資本論」第3部第30-32章)の草稿について




「貨幣資本と現実資本(「資本論」第3部第30-32章)の草稿について」という論文が相当手こずった。ノートにしたのを読んでみても、なおごちゃごちゃだ。もう一度整理しないとならないみたいだ。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ