志位講演を読む
講演の大半は核兵器禁止条約にあてられているが、こちらはいずれまとめて検討する。
あいさつ代わりに都議選の話があるが、当然のことながら面白い。日本ハムが勝った翌日の「道新スポーツ」みたいなもので、面白くないわけがない。
まず面白かったのが、
「都民ファーストの会」という「受け皿」勢力が登場しました。この勢力は総定数の4割を超える議席を獲得しました。いわば、東京都議会の議員定数が一挙に4割減るようなものです。
というところ。「なるほどそうも言えるな」と感心してしまった。
もう一つ、「都民ファーストの会」はフアっとした雰囲気の受け皿にはなったが、もっとゴリッとした怒りの受け皿になったのが共産党だったということだ。
選挙戦が進むにつれて、安倍・自民党に対する批判の質が変わりました。政策に対する批判だけでなく、その体質への批判、もっと言えば嫌悪感が広がっていったのではないでしょうか(拍手)。こうなるともうだめですね(笑い)。
…どこでも寄せられた声は、「早く安倍さんを辞めさせてほしい」「もうテレビであの顔を見たくない」というものでした。
こういう怒りはもはや「都民ファーストの会」では受け止めきれない。こうして溢れた怒りが共産党へと向かったということになる。
傑作なのは目黒区でのエピソード。
(共産党候補が)高級住宅地で訴えると、ベンツの車中から次々に『必ず入れる』と声がかかる(笑い、拍手)。つかつかと歩みよってきた男性が、ほとんど怒った声で『自民党を落とせ。がんばれ』と声をかけてくる。これまで全く反応がなかった中高年のサラリーマン層が変化した」(拍手)

この変化をどう受け止めるか。志位さんはある政治学者のコメントを引用している。
特定秘密保護法から安保法制、共謀罪、さらに原発、これらの課題で一貫して極めて強い批判勢力があり、それが日本全国で確固として存在している。この人たちの受け皿になり得たのは、都民ファーストでなく共産党だった
そして次のようにまとめた。
“怒れる有権者”は共産党に投じた
今回の選挙では野党共闘がかなり進んだ。自由党や社民党が本気で共産党を応援した。これは政治算術の結果ではなく、他党の活動家がまさに“怒れる有権者”へと変化したことを示しているのだろう。