イギリス総選挙 教訓とすべきこと

この度のイギリス総選挙でもっとも印象的なことは、労働党、あえて言えばコービンへの支持が驚くべきスピードで積み上げられたことである。若者を中心に「イギリスのサンダース現象」とも言える現象が出現した。

一方で、過半数を割るに至った保守党の後退は、メディアからは「オウンゴール」と表現されているが、それに尽きるとは思えない。そこにはより深刻な長期低落のトレンドがふくまれていると思う。

世界的な枠組みの中で見ると、EU 離脱の国民投票でイギリス国民は「トランプ支持」に類似した反応を示した。EU 残留を今日こに主張する保守党政権は吹き飛ばされた。

そこで保守党政権の接ぎ木とされたのが「ミニ・サッチャー」を気取るメイ首相だ。彼女は強硬離脱路線に衣を着替えて、離脱派国民の心をつなぎとめようとした。
(EU離脱は、Brexit と呼ばれる。これは British + exit をかけ合わせた造語。これに着陸のときの hard/soft を形容詞としてつけて表現する。アメリカ人ならHBEですますだろう)
この思い切った作戦が奏功した。国民は不満の吐け口を失ってしまったかに見える。しかし国民の不満が解消されたわけではない。

トランプ派がヒラリー派になるわけがないのである。そして、そもそも離脱派の本音はEUノーではなく、富裕層の支配ノーなのだ。その本質は、国民本位の政治を求めてさまよう「革新派」なのである。

それが収まるところに収まった瞬間、保守党の命運は尽きることになる。これが政治の流れの本流であろう。

まずは少し経過をおさらいしてみよう。


1.保守党の敗北とメイの登場
2016年7月、EU離脱の国民投票が行われ、提案者キャメロン首相は予想外の敗北を喫した。キャメロンは首相を辞職、内相だったテレサ・メイが後継首相となった。したがってメイは首相として選挙を闘ったわけではない。

メイは当初はキャメロンと同じ残留派であったが、そのご強硬離脱派に立場を変えた。

周囲の反対を押し切って離脱に踏み切った党派は、目標を失ってあっというまに衰退した。党内を離脱論で押さえ込んだメイに政敵はいなくなった。労働党は残留を主張していたが、党首コービンはEUに対する厳しい見方を貫いた。このため労働党は離脱論争の蚊帳の外にいた。
2.総選挙に打って出たメイ

今年になって4月18日、メイ首相は電撃的に総選挙の実施を表明した。本来であれば2020年実施予定であったが、これを前倒ししたのである。

彼女は記者会見でこう述べた。「議会は一体となるべきですが、現在は分断しています。国はまとまりつつありますが、政治家はそうではありません。総選挙が必要であり、ただちに実施する必要があります」

この時保守党は330議席を有し、単独過半数を超えていた。しかしEUとの離脱交渉を前に、自らの政治的な基盤を盤石にしたいとの狙いがあったとみられる。

メイは2019年3月末までにEU離脱の大枠を定める離脱協定の合意を目指していた。2020年では遅すぎるのである。しかし2020年が遅すぎるといっても、今すぐやる必要もない。それは「いまやれば圧勝する」という読みがあったからである。
3.選挙前半の情勢

保守党の支持率は、一時は最大野党・労働党を24% 引き離していた。メイ首相の支持率は44%。これに対し労働党のコービン党首の支持率は23%に過ぎなかった。

選挙戦半ばまではたしかに保守党の「歴史的大勝」を思わせる状況だった。

5月はじめに行われた地方選挙では、88の地方議会で合わせて4851議席が改選された。保守党は支持基盤の弱い中部や北部スコットランドでも支持を伸ばし、改選前を563議席上回る1899議席を獲得した。 これに対し労働党は382議席を失った。

多分、この大勝利が政権のおごりを生んだのであろう。メイは「強く安定したリーダーシップ」といった決まり文句をひたすら繰り返し、「メイ・ボット(自動応答プログラム)」とまで言われるに至った。
4.保守党政治への不満が噴出

このような選挙状況を一転させたのが、5月18日に両党から発表されたマニフェストである。投票日のわずか3週間前だ。

保守党のマニフェストは、国民から意外なほどに強い反発を受けた。一番の批判の的となったのが「認知症税」である。

要は高齢要介護者の介護費用なのだが、生きているあいだはとりあえず給付するのだが、死んだときには払ってもらう。その原資として持ち家を手放させることによって、ケア費用を捻出するという提案である。したがって家族は本人死亡によりホームレスとなる。実に悪魔的なアイデアだと感心してしまう。

この他にも、マニフェストには「高齢者の冬の暖房費補助のカット」など高齢者に負担増を強いる政策案が盛り込まれていた。

これが国民の怒りに一気に火をつけた。

「保守党は子供の貧困に取り組む姿勢を失った」との声もでた。NGO調査では、イギリスでは4人に1人の子供が貧困状態にあるとされる。子どもや高齢者の生活悪化は、それだけが切り離されてあるのではない。OECDによれば、英国の実質賃金の落ち込みは先進諸国の中で最悪になっている(ギリシャを除けば)

要するに、映画「私はダニエル・ブレイク」の世界が全土に蔓延しているのだ。

つまり、メタンガスで充満した倉庫にマッチを投げ込んだようなものだ。
無風かと思われた情勢は一転した。メイ政権の支持率は急落した。メイは急きょ「認知症税」案を取り下げた。
5.コービンの反撃

労働党はどうだったか。

2015年5月、労働党は歴史的大敗を喫した。出直しのため9月に党首選が行われた。

ただの位置議員だったジェレミー・コービンが名乗りを上げた。コービンは「時代遅れの社会主義者」と呼ばれ、泡沫候補と見られていた。

党首選に立候補するための議員35名以上の推薦も集められなかった。しかし同情する人もいて、ギリギリに立候補が可能になった。

ところがフタを開けるとコービンの圧勝だった。上位2名の得票率は、

1位: コービン  59.5%

2位: バーナム 19%

コービンの率いる労働党は、国営の医療制度、NHSの拡充を訴えた。全ての小学生に給食を無償提供すると訴えた。教育予算の大幅な増額を盛り込んだ。

マニフェストで正面からの勝負を挑んだ。

それが、国民の希望と奇跡的な結びつきを実現した。とくに大学授業料再無料化の政策が、若者たちから絶大な支持を集め始めて来た。

労働党不人気の象徴と見られていたコービンがにわかに輝きを帯びてきた。サンダースは三日間の全国講演旅行で、コービンを支持するよう訴えた。

サンダースが、青年たちのカリスマとなったように、コービンも青年たちの希望の星となった。


6.コービンの選挙スタイル

コービンの選挙運動はメイとは対照的だった。

イギリスで保育士として働くブレイディみかこさんのレポートによると、

…屋外での数千人規模の集会も数多く組まれた。リラックスした雰囲気がそこでは支配した。熱狂的な支持者から「コービン、コービン」の大合唱を浴び「ロックスターが受けるような歓迎」を受けた。

…息子の学校の前でPTAが労働党のチラシを配っていた。息子のクラスメートの母親が、「労働党よ。お願いね」とチラシを渡してくれた。国立病院に行くと、外の舗道で人々が労働党のチラシを配っていた。「私たちの病院を守るために労働党に投票しましょう」入院したときに良くしてくれた看護師がチラシを配っていた。今年で英国に住んで21年目になるが、こんな選挙前の光景は見たこともない。

…誰かがバッシングされている姿を見て気晴らししながら自分も我慢するような、いびつな緊縮マインドの政治にこそ人々は飽き飽きしていた。それではいつまでたっても我慢大会は終わらないからだ。
7.イスラム過激派テロの選挙利用は失敗した

選挙中にあたかもリベラル政治に対する恐怖を植え付けるように、多くのテロが起きた。ロンドンでは3月と6月、2回のテロが発生した。マンチェスターでは人気歌手アリアナ・グランデさんのコンサート会場で爆弾テロが起き、22人が死亡した。

メイ首相は「イギリスは過激思想に寛容すぎた」として、対テロ戦略の見直しやインターネットの規制強化など治安強化を全面に押し立てた。しかし相次ぐテロを防げなかった責任、警察官の待遇悪化を厳しく追求されるなど、逆に窮地に追い込まれる結果となった。
8.互角勝負に持ち込んだコービン

投票日を1週間後に控えた6月はじめには形勢はほぼ互角となった。

6月6日の世論調査では労働党が4ポイント差に迫った。調査によっては労働党のほうが上回っているものも出てきた。24歳以下の世代では73%が労働党を支持、逆に65歳以上の高齢者では保守党支持が64%となった。

大手メディアの多くは保守党支持に回った。しかしデイリー・ミラー紙と高級紙ガーディアン、インディペンデントは労働党支持を打ち出した。

9.投票の結果をどう読むか

保守党が議席数を330から318に減らした。過半数(326)に8議席およばず、選挙前情勢を考えれば完敗といって良い。最大野党の労働党は261議席に躍進した。

EU離脱を主導したイギリス独立党は0議席に終わり、ナットル党首は辞任を表明。ツイッターとフェイスブックのアカウントを削除した

イギリスは小選挙区制のため、議席数だけでなく得票率も見ないと評価することは出来ない。保守党の得票率は42%、労働党は40%で、その差はわずかに2%である。選挙期間があと1週間長ければ労働党が逆転していた可能性が高い。

メディアの予想は大きく外れた。選挙結果は世論調査にかなり接近したものとなった。つまりメディアは青年の投票率を低く見すぎていたことになる。また地方選結果との乖離は青年層の政治関心の差を示す。

つまり、イギリスの青年たちは既存の労働党とは異なる魅力をコービンに感じただけでなく、コービンが何か変えてくれると感じ、具体的な行動に出たのである。ここがこの度の選挙の最大の特徴だ。
10.これからの政治の動きを予測する

かくして議会はハング・パーラメント(宙ぶらりんの議会)となった。

メイ首相は、「現段階で、この国は安定の時期を必要としている」と強調した。そして引き続き政権運営を担う意向を示した。ただし北アイルランドの保守政党、民主統一党(DUP)の連携協議が前提である。それが不調に終われば再選挙の可能性も否定できない。

ジェレミー・コービンは、「国民はもはや緊縮に背を向けた。そして未来への希望に投票した」と述べ、メイ首相の辞任を求めた。

追記

注目されるのが、「赤旗」特派員のレポート。伝えるところでは、サンダース躍進を担ったアメリカの青年が、大挙してイギリスにわたり、戸別訪問や電話かけなどを指導したと言われる。

体験上、若者の組織と確実な票の積み上げには組織された若者の力が不可欠だと思う。そうでないと線香花火のようにぷつんと途切れてしまう。

ここに的を絞ったフォロー記事があるとありがたいのだが…