ジョン・バチェラー 年譜

John Batchelor

1854年3月20日 サセックス州アクフィールドに生まれる。

1876年 ケンブリッジ大学神学部を卒業。東洋伝道の志を持ちイギリス教会宣教会に入会。香港のセント・ポール学院に入学。

1877年(明治10年) 勉学中に熱帯病にて健康を害し、静養のために横浜に来る。北方の地を勧められ函館に来た。アイヌ民族を知り、アイヌ伝道を志す。

78年 札幌に2ヶ月ほど滞在。対雁のアイヌ(デンベ)からアイヌ語を習得。

1879年(明治12年) 信徒伝道者に任命され、函館を拠点にアイヌへの伝道活動を始める。

函館でアイヌ青年と会い、その差別と悲惨な生活の実態を知った。

1879年 胆振の有珠と日高の平取を訪問。平取ではアイヌの長老ペンリウクの家に3ヶ月滞在して、アイヌ語を学んだ。

1881 平取に半年間滞在。伝道にあたる。

1882年(明治15年) イギリスに一時帰国。ケンブリッジなどで再研修を受ける。

1883年(明治16年) 再び函館に帰任した。1884年(明治17年) 同僚宣教師の娘ルイザ・アンザレスと結婚した。

1884 「蝦夷今昔物語」を発表。アイヌの生活・風習・文化などを広く紹介する。

85 平取で禁酒をめぐりアイヌとの関係がこじれ、離村。その後全道各地で伝道。

1886年(明治19年) 幌別村(現在の登別市)に定住、キリスト教教育のほか、アイヌ語教育をはじめる。

1888年(明治21年) 幌別で私塾の愛隣学校(相愛学校)を設立する。キリスト教教育を行なうアイヌ学校への発展を目指す。

1888年(明治21年) 札幌にアイヌの小学校『愛隣学校』を開設。アイヌ語の読み書きをローマ字で教える。(その後愛隣学校は道内各地に作られたようである)

89 道庁の依頼を受け、「蝦和英三対辞書」を発刊。

90 バチェラー夫妻、英国に半年間滞在。この間にヨハネ福音書、マルコ福音書などのアイヌ語訳を出版。

91 平取アイヌとの関係修復。平取のキリスト教信者は100名以上に達する。

1891年(明治24年) バチェラー、北海道禁酒会の招聘に応え函館から札幌に移転した。

1891年 自宅でバイブルクラスと日曜礼拝を始めた。並行してアイヌ伝道を展開した。

活動は樺太までおよび、樺太アイヌ、ニヴフ、ウィルタにも布教活動を行う。

1892年(明治25年) アイヌを対象とする無料施療病室を開設する。札幌市立病院の関場院長もボランティアとして診療に加わる。

1892年(明治25年) 札幌聖公会が正式に創設される。

1895年(明治28年) 平取と有珠で教会堂を建設した。

96 英国聖公会からエディス・ブライアント看護婦が派遣される。13年間にわたり平取でアイヌの伝道・医療・教育にあたる。

1903年 北海道の聖公会信徒2895人中アイヌ人が2595人であった。

06年 「アイヌ・ガールズ・ホーム」の教え子の向井八重子を養子とする。

18年 八重子の弟の山雄、立教大学神学部を卒業しバチェラーの後継者となる。

1922年(大正11年) アイヌ保護学園を設立する。

1923年(大正12年) バチェラーは70歳になり宣教師を退職した。その後も札幌に留まり、北海道庁の社会課嘱託となる。

1924年アイヌの青少年育成の為に『バチェラー学園』(寄宿舎)を設立する。有島武郎、新渡戸稲造らが財政支援。

28 自叙伝「わが記憶を辿りて」を発表。

1932年 スコットランド人医師ニール・マンロー、平取町二風谷に定住。アイヌの診療に携わる。二風谷の共同墓地に葬られる。

1941年(昭和16年) 太平洋戦争が始まる。バチェラーは敵性外国人として追放させられた。