アイヌ民族の歴史年表 の改訂を始める


2005年11月作成
アイヌ民族は北海道、千島、樺太に住んでいた(現在も北海道に住んでいる)先住民族をさす。「アイヌ」、あるいは「アイヌモシリ」という言葉はアイヌ民族の自称であるが、そのように呼んでいたのは北海道のアイヌ(特に南西部)であり、他がどうだったかは分からない。し かしさまざまな他称は、アイヌ民族を否定的に評価するニュアンスが強いため、ここでは基本的に用いない。
「蝦夷」は日本人(和人)による他称である。古くエミシ、平安末期からはエゾと呼ばれるようになった。さらに古くは毛人と書いてエミシと読まれていた。ここでは広くアイヌ民族と同根の縄文系人として扱っている。
エミシは関東から東北にかけて住み、和人に征服され、同化した縄文系人であるが、当時から北海道の南部地方にも分布していた。

2017年4月 改訂
この年表はあまりに雑多で無思想であり、史料としてすら使えないということがわかってきた。やはりエミシの歴史とは分けなければならない。さらに遡るならば、縄文人が単一民族として日本列島全般(とくに東日本)に分布していた時代と、縄文人が弥生人との接触で「半倭人」化した東北のエミシと北海道の続縄文人に分離した時代とは分けなければならない。
アイヌ人は縄文人の血を濃く残した末裔である。その後朝鮮半島から渡来した人々と縄文人との混血により「日本人」が形成されたが、アイヌ人は渡来人と混血せず、北海道に存在した。しかし北海道の北部・東部に居住したオホーツク人とは強く混血しており、この点で縄文人とは異なる。
ということで、第一部・アイヌ民族の形成(擦文時代のおわりまで) 第二部・アイヌ民族抑圧と戦いの歴史 第三部・東北エミシの戦いと同化の過程 みたいな感じに分けていきたいと思う。