光を吸収するとは?  というページからの抜書。

1.光の吸収 

光が物質と関わる第一段階は,物質が光を取り込む過程つまり光の吸収です。

物質はというエネルギーの塊である光(光量子)を吸収してエネルギー準位を上げます。質量を持たない光子はエネルギーを渡して消滅します。

「物質」と書いているが、図示されたものでは「電子」となっているから、電子が外側の軌道に移ることを指しているのだろうと思う。

物質がエネルギー的に取りうる状態のうち,エネルギー的に最低の状態を基底状態 ground state,それよりも高い状態を励起状態 excited stateといいます。

光吸収によって基底状態から励起状態に上がるとき,基底状態の電子が1個励起状態に上がります。電子はエネルギー的に不連続な状態間を,いわば川を飛び越えるように飛び上がるのです。これを遷移といいます。

プロトン

以下は「光電効果」の説明が続くが略(さっぱりわからない)

2. プロトンの形成

何か分からないなりに、光エネルギーが水分子を分解し、水素を取り出し、その水素を励起状態に置くという過程は見えてきた。

励起というのは電子軌道を一つ外側に遷移させるということらしい。

この励起された水素原子というのが、プロトンとどう違うのかがわからない。別にプロトンという言葉を使わなくても良いのだが、「それはプロトンとどう違うのですか」と聞かれると、言葉に詰まってしまう。

そこでまずはプロトンのお勉強。

ウィキペディアを見るといきなり困ってしまう。

物理学においてはハドロンの一種である陽子のことを指す。

化学においては水素イオン、特に軽水素の陽イオン(陽子に同じ)を指す。

要するに陽イオンのことで、陽子と同じらしいが、ハドロンてなんだ、軽水素ってなんだ? そもそも陽子がなぜ陽イオンなんだ。

ウィキにはこれしか書いてない。