ギガジンというサイトに
HTML5の標準を狙うGoogleの動画フォーマット「WebM」のこれまでまとめ
という記事があった。
2014年04月27日の記事で少々古いが、分かりやすい(それなりに)。
HTML4からHTML5へ
まずHTML5というのだが、これは「次世代のウェブフォーマットである」という。ということは現世代はHTML4ということなんだな。
そのHTML5で、動画基準規格となるのはH.264と言うものだそうだ。まぁ、言葉なんだから覚えていく他ない。このH.264というのは、いまのHTML4でも動画基準規格(MPEG4)となっているらしい。
「それで良いのか」と提起したのがグーグル社。たしかに一理ある。
MPEG4の対抗馬WebM
そこでグーグルが開発したのがWebMという形式だ。また新語が飛び出すので覚悟せよ。WebMはビデオコーデックにVP8/VP9、音声コーデックにVorbis、メディアコンテナにMatroskaを採用している。
いまのYou TubeではFlashやSilverlightなどのプラグインを使わなくてはならない。私が愛用するFirefoxはFlash嫌いで相性が悪いが、HTML5になるとFlashなしで済むらしい。
ところがそれで「めでたしめでたし」という訳にはいかない。プラグインは要らなくなるが、ビデオコーデックというのはやはり必要なのだそうだ。つまり他所の会社のプラグインは入れなくても良くなるが、その代わりに自前のコーデックを内蔵しなければならないそうで、ブラウザーの開発者にはお荷物が一つ増えることになる。
そのお荷物というのは、ぶっちゃけた話ライセンス料のことだ。
狙いはライセンス料をチャラにすること
現行のH.264規格にはソニー・東芝・日立・Samsung・Apple・MicrosoftなどのIT企業が保有する特許が含まれる。したがって使用するときにライセンス料が発生する。そのため、FirefoxやOperaなどウェブブラウザはH.264をサポートしていない。Firefoxがごちゃごちゃするのはこうことだったんだ。
話がずいぶん寄り道してしまったが、WebM開発の最大の目的はこのライセンス料をチャラにしようというところにある。
グーグルはビデオコーデックを開発していたOn2 Technologiesを買収し、そのコーデック“VP8”を無料で公開した。アップル、アマゾンと並ぶ脱税御三家のグーグルにしてはずいぶんとご親切な話である。
グーグルの挑戦
もちろんその目的は慈善事業ではなく、ライセンス料を逆手に取った市場の独占にあるわけだから、MPEG4(H.264)陣営が黙って見過ごすはずはない。
まずはコワモテで高飛車。「“VP8”はH.264の特許技術を含んでおり、特許侵害にあたる」として提訴する構えを見せた。もし訴訟が成立すると、WebMを利用する開発者・サービス提供者は潜在的リスクを侵さなければならない。そこでWebMの普及はいったん頓挫した。
要するに、VP8という画像コーデックで圧縮した映像ファイルとOgg Vorbisという音声コーデックで圧縮した音声ファイルを Matroskaというコンテナーアプリで一体化したのが、動画規格としてのWebMということになる。ただしせっかく購入したVP8コーデックだが、調べてみたらH.264の特許技術が紛れ込んでいて、それで苦戦しているということになる。
そこで次にグーグルがやったのが自社の動画サイトYouTubeの動画をすべてWebMフォーマットで提供したことだ。FirefoxやOperaなどの主要ブラウザもこれを支持した。私もこれで釣られたことになる。
要するに、VP8という画像コーデックで圧縮した映像ファイルとOgg Vorbisという音声コーデックで圧縮した音声ファイルを Matroskaというコンテナーアプリで一体化したのが、動画規格としてのWebMということになる。ただしせっかく購入したVP8コーデックだが、調べてみたらH.264の特許技術が紛れ込んでいて、それで苦戦しているということになる。
ただ本当の勝負はHTML5だ。それに向けてグーグルはすでに“VP9”を準備していると言う。
最後に記者の見通しが語られる。
高画質・高圧縮かつデコードの軽さなどの点でVP9がH.265を圧倒できれば、動画フォーマットがWebM一色になることもあながち夢ではありません。