You Tubeのダウンローダー絡みの話。
Download YouTube Videos as MP4がついにご臨終と書いたが、しぶとく行き帰った。
2月15日にニューバージョンになってからは、元通りサクサクとダウンロードしてくれる。「東京ローダー」は“ちょっと良さげなクレイビング・エクスプローラー” として命脈を保っている。
しかしいずれにしてもYou Tube側のガードが堅くなり、AACdで194KBのファイルは入手不能となってしまった。
そこで登場したのがWebMというファイル形式。
これはYouTube Video and Audio Downloaderという別のダウンロードソフトで落とすことができる。絵の方はどういうことやら分からないが、音はオグ・ボーヴィスで128KBで落とせるようだ。
HDで720KBで落とせるファイルであれば別にありがたみはないが、360KBのノーマルファイルだと、音声はAACで90代のものにしかならない。この辺の10か20かのちがいはけっこうあって、高音のひしゃげや強音の割れ、中音の伸びは聞いていて耳に辛いところがある。
幸いなことにWebMファイルはそのままFoobarで聞くことができる。いまは90KBでしか落とせなかったファイルをWebMで再ダウンして聴き比べている。
もちろんそれでも十分なのだが、できればこれをオグ・ボーヴィスのファイルに変更したいというのが目下の希望である。色々とファイル変換ソフトが紹介されているのだが、試用版だったりして使いにくい。
すこし調べてまた報告する。

あった。
Pazera Free Audio Extractor
という音声変換ソフトだ。基本的にはえこでこツールとおなじ働きをするが、入力形式にWebMが入っている。
やり方も同じで、絵柄は多少面倒だが、憶えればかんたんだ。
それで早速聴き比べてみた。
ニコラエーバの弾くリャードフの2つの前奏曲だ。最初はMPEG4で落としてえこデコで取り出したAACファイル。
可変ビットだが95から100kbのあいだ。元が盤起こしのようで、針音が入るのと膨らみのない音である。これをWebMファイルで聞くと、音に張りと厚みが出てくる。Vorbisの音でビット数は110から120の間を指している。
Vorbisは低ビットレートの音で効果が出るといわれていたが、まさにそれを実感する。
ところが剥ぎ取りソフトのPazeraにかけると、もうどうしようもない音飛びの連続だ。聞くに堪えない。サイズはAACが3600、oggが4200,これに対してwebmは16600にもなる。つまりPazeraがペケということだ。代わりが出てくるまではwebmで凌ぐしかなさそうだ。