明治大学の野中先生に対する昭和ホールディングスの「スラップ訴訟」の判決が出た。
「名誉毀損」とされた雑誌「経済」の記事について、「重要な部分について真実だ」として訴えを退けた。
民事であるから、負ければ裁判費用の負担が原告側にかぶさることになる。
いい気味だ。
反訴については棄却されたが、「事実」ではなく「真実」という認定に司法側の思いは感じられる。「スラップ訴訟がいつまでも黙認されると思うなよ」という気迫だ。
昭和ゴム乗っとり関連については以下をご参照ください。