「神の手」スキャンダルの経過

日本の旧石器時代(Palaeolithic)の実相を文献で調べるとき、これは藤村絡みかどうかを判断するのになかなか大変だ。

いつからいつまでの文献が汚染されているのかを予め知っておかなくてはならない。また、日本でさえこの有様なので、朝鮮や中国の旧石器遺跡についても相当疑ってかからなければならない。

またミトコンドリアDNAやY染色体についても、“証拠”となっている基礎事実に対して一定の距離感を保ちつつ接することが必要であろう。

そのためにも「神の手」スキャンダルの経過を知っておくことは役に立つだろうと思う。

1946年 相沢忠洋氏によって群馬県岩宿遺跡が発見される。その後、5千ヶ所以上の旧石器時代の遺跡が確認されている。

1972年 古川市の計器会社に勤務していた藤村新一氏(以下藤村)が、「考古展」で岩宿遺跡の発見者相澤忠洋の業績に触れ、旧石器研究の道に入る。

1974年 宮城県岩出山町の座散乱木(ざざらぎ)遺跡から、4万6千年前の石器(当時最古)を発見。一躍注目されるようになる。

切り通しにある旧石器時代に相当する関東ローム層の中に、あらかじめ縄文石器を埋め、東北大学の考古学グループを案内して掘らせた。
以後東北大学の芹沢長介、岡村道雄らが藤村を強力にプッシュ。

1975年 藤村を中心に「石器文化談話会」が結成される。この頃からゴッド・ハンドと呼ばれ、発見効率が驚異的に高いことで知られていた。

1983年 宮城県大和町中峰C遺跡から14万~38万 年前の石器が発見される。

1984年 宮城県古川市馬場壇A遺跡からは20万年前の石器。

1986年 小田静夫・C. T. キーリによる批判論文。①軽石の降下や水害が相次ぐ土地に連綿と移住した要因が不明。②石器の殆どは水平に埋設している上に単品で出土している、などを指摘する。

88年 高森遺跡から50万年前の石器が出土する。

1992年 民間の「東北旧石器文化研究所」設立に参加する。この年、在野の考古学研究者を対象にした相沢忠洋賞(第1回)を受賞。

92年 高森遺跡のそばに上高森遺跡が発見される。

93年 上高森遺跡の第一次調査。40万 年前の握斧(ハンドアックス)が見つかる。

94年 上高森遺跡の第二次調査。50数万年前の石器埋納遺構が発掘される。その後毎年のように調査が実施され、見つかる石器もさらに10万年以上さかのぼる。

1998年 竹岡俊樹が一連の「発見」に対する批判論文

99年 上高森遺跡から60万年以上前の石器が出土する。

99年6月 埼玉県秩父市長尾根遺跡から35万年前の石器が発掘される。

2000年 東北旧石器文化研究所がNPOとして認証される。

2000年

3月 福島県安達町の一斗内松葉山遺跡から、70万年以上前の石器が出土。

00年 埼玉県秩父市長尾根遺跡から35万年前の原人の墓とおぼしき土壙が発掘される。また近くの小鹿坂遺跡から50万年前の世界最古の建物跡らしき柱穴も発見。

9月 北海道新十津川町の総進不道坂遺跡で29点の旧石器時代の石器が出土。

10月 上高森遺跡で旧石器時代の石器65点が出土する。

11月5日 毎日新聞が一面で旧石器遺跡の相次ぐ発見が捏造であると報道。

毎日新聞北海道支社が内部告発を受けて取材に着手した。発掘の現場に張り込みを行い、藤村があらかじめ石器を遺跡に埋め込み仕込んでいる様子の写真・ビデオ撮影に成功。

同日 藤村新一氏(東北旧石器文化研究所の副理事長)が宮城県庁で記者会見。上高森遺跡と総進不道坂遺跡で石器を捏造して いたことを公式に認め謝罪。

11月1 2日 日本考古学協会が緊急委員会。藤村氏の退会処分を全会一 致で決定。委員の一人、東北旧石器文化研究所の鎌田俊昭理事長が委員辞任。

同日 委員会の見解を発表。「新発見こそが重要であるかのような誤解や誤った風潮」を社会的に生み出していたこと、「資料の公開と多様な意見の研究 者による相互批判」が十分でなかったことを反省すると声明。

12月1 6日 日本考古学協会が「前期旧石器問題について取り組む特別委員会」を設置することを決定。①疑惑のもたれている39遺跡の検証、②前・中期旧 石器時代研究の現状を整理、総括することを目的とする。

2001年

3月 香川光夫(別府大名誉教授)自死事件が発生。週刊文春が3回にわたり「捏造」報道を行い、当事者の香川が「抗議」の自死。2004年に名誉毀損が確定。

2003年

5月 特別委員会が報告書を発表。

考古学界は捏造発覚以前の25年間、批判の声が噴出する気運を押さえつけた。批判した学者や研究者を排斥したり圧力を加えた。

周囲は商業的な効果を期待し、研究を無批判に歓迎し後押しした。これは事件を助長し、幇助させる役割を果たした。

これだけだと「世間が悪いんだ」みたいで、肝心なところ、東北大グループをスルーしているようにみえるが。


地主恵亮さんのルポ「ゴッドハンドで話題になった捏造された遺跡の今を見に行く 」が「いかにも風」で面白い。

Shun Daichiさんの『神の手』に罪はなかった は事件の背景を暴いており、迫力のあるルポである。ただ「他の情報との突き合わせが必要かな?」と感じる場所もある。

アップ主不明の記事だが、藤村新一 石器捏造 毎日スクープ(2000年11月5日)の舞台裏 というのが毎日新聞の取材記者の回想談で、めちゃくちゃ面白い。

邪馬台国 大研究」というサイトに載っている記事、「無題」だが捏造発覚時の現場の衝撃を伝えている。
「まさか!」、私の第一声はほんとに「まさか!」であった。思わずベッドからずり落ちそうになった。

このページから下記の写真を転載させて頂く。

kaminote