神経伝達物質(Neurotransmitter

要約

シナプスで情報伝達を介在する物質のこと。神経伝達物質は局所的に作用し、ホルモンは循環器系を通じ大局的に作用する。

生成から不活化までの経過

一部はシナプス前細胞で合成され、神経末端まで運ばれる。一部は細胞外から吸収され再利用される。

伝達物質は神経終末のシナプス小胞に貯蔵され、活動電位が到達するとシナプス間隙に放出される。

放出された伝達物質は後シナプス細胞の受容体と結びつき、イオンチャンネルを開かせる。これにより後シナプス細胞が脱分極する。

役目を終えた伝達物質は、大部分は酵素によって不活化されるが、一部は全シナプス細胞の終末に再吸収されリサイクルされる。

神経伝達物質の分類

1. アミノ酸: グルタミン酸、γ-アミノ酪酸(GABA)、アスパラギン酸、グリシンなど

2. ペプチド類: バソプレシン、ソマトスタチン、ニューロテンシンなど

3. モノアミン類: ノルアドレナリン、ドパミン、セロトニン

4. アセチルコリン

その他一酸化窒素、一酸化炭素などの気体分子も神経伝達物質様の作用を示す。

というわけで、使えそうなものなら人妻でも未成年でもブスでもオカマでもなんでも来いという具合だ。獣姦すらやりかねない。
ではどんな基準でこれらのものを選んだのだろうか。これらに共通する特徴とは何か、この辺が分からない。

さらにこのなかでモノアミンが正妻として桁違いの重要性を持つ意義も目下のところ不明である。