��日本のゾウ��

ナショジオのサイトにある富田幸光さんという人のインタビュー記事を読む。富田さんは国立科学博物館の研究部長。

第1回 日本に野生のゾウやサイがいた頃

第2回 実はゾウの楽園だった日本列島

1.ゴンフォテリウムとステゴロフォドン化石が各地で出土している。「多島海」時代の1800万年から1600万年前に生存していたとされる。

ゴンフォテリウム系は約2300万年から2000万年前にアフリカで出現し、ユーラシアとアフリカが接合した後、世界に拡散している。

その後、1千万年間生物化石のない無生物時代が続く。

2.ツダンスキーゾウ(ステゴドン)

アジア大陸に広く存在し、600万年前に日本にも渡来した。ステゴドンの系統に属し、日本で独自の進化を遂げた。(日本が大陸と切り離された可能性がある)

probotree

この間に徐々に小型化していく。初期のミエゾウは肩高が4メートルなのに対し後期のアケボノゾウは2メートルに縮小し、70万年前に絶滅する。

3.ムカシマンモス

110万年前に渡来。(大陸とのルートが再開された)

アケボノゾウと共存するが、70万年前に、ともに絶滅する。

4.トウヨウゾウ

60万年ぐらい前に渡来するが10万年ほどで絶滅。ミエゾウやアケボノゾウと同じステゴドン系だが、大陸でも化石が出るため、新たに渡来したものとされる。

南方系のゾウで、当時は間氷期の中でも特に暖かかったために進出できたとされる。(暖かいということは海進期だということで、そのときに陸続きというのが飲み込めない)

04

5.ナウマンゾウ

34万年前に渡来。2万年前に絶滅。

これらの象はいずれも朝鮮半島経由とされる。

この他に樺太経由でマンモスも入ってきている。

ということで、ナウマン以前の流れが簡潔明快にまとめられていてありがたい。話が日本列島形成まで遡るのはスケール壮大だ。「えっ、そこで地学と結びついちゃうの」とびっくりする。

日本列島の形成過程を勉強したのはもう随分前の話だから、忘れてしまったが、冨田さんは大陸の横滑り説をとっているようだ。それもわずか2千万年前、そろそろ霊長類登場の頃だ。

ただし冨田さんは地学者ではない。この説の当否についてはいずれまたチェックしなければならない。

2012年09月27日