ということで、「海馬イコール人間の記憶装置」という割り切りにはかなり抵抗を覚えつつ、とりあえず海馬の勉強に入る。

まずは素人向けの解説から

日本学術会議 おもしろ情報館  というページ

最初の部分は、マクリーンの三位一体説がそのままなぞられている。


真ん中にある「大脳辺縁系」は「馬の脳」といわれ、喜怒哀楽などの感情をつかさどる部分です。これがないと豊かな感情がなくなる。

などと、きわめて粗野な形で述べられている。

これに対し脳幹は「爬虫類の脳」とされ、「これがなければ死んでしまう」と書かれている。

いいかい、爬虫類は「ただ生きているだけ」の存在じゃないよ。馬が爬虫類より高級か? そんなことは簡単には言えない。
鳥(現存する爬虫類)にも馬並みに豊かな感情はあるし、烏の学習能力は到底馬ごときの及ぶものではない。

(1)新しい記憶の箱

大脳辺縁系の一部である

とさらっと書いてある。これはしかし重大なことではないか。「海馬病」は大脳の病気ではないのだ。
もう一つは、海馬は発生学的には古皮質であり、新皮質としての頭頂葉や側頭葉とは別途扱わなければならないはずだ。血管系も違うのではないか?
古皮質はもともと前脳に付属する装置であって、前脳+古皮質で脳機能は完成しているはずだ。そこに後から新皮質が加わって脳機能が精緻化したのだ。少なくとも大脳新皮質の要望に応えて後から出来たとか、機能を変えたということはありえない。


海馬はタツノオトシゴ(海馬)のような形をしています。

日常的な出来事や、勉強して覚えた情報は、海馬の中で一度ファイルされて整理整頓され、その後、大脳皮質にためられていく。

つまり、「新しい記憶」は海馬に、「古い記憶」は大脳皮質にファイルされているのです。

海馬は、とてもデリケートで壊れやすい

例えば酸素不足で脳がダメージを受けるとき、最初に海馬あたりから死んでいく。

強いストレスにさらされたときにも、海馬は壊れてしまう。PTSDでは極端な恐怖やストレスで海馬に異常が現れる。

(2)消えない記憶の箱

記憶には、頭で覚える「陳述的記憶」と、体で覚える「手続き記憶」(技の記憶)の2種類があります。

「海馬」は、「陳述的記憶」をするときに、大切な役割をはたしています。

「手続き記憶」(技の記憶)では、大脳基底核と小脳が主座となる。大脳基底核は大雑把な動きを記憶し、小脳はそれを細かく調整する。

この記憶は認知症になっても消えない。

(3)心の黒板

前頭連合野は、脳のあちこちにファイルされている情報を集めて、一時的に保存する(ワーキングメモリー)。

そして集めた情報を組み合わせて、プランを立てる。

「ワーキングメモリー」こそ、もっとも人間特有の記憶といえる