年表を作ってみて分かったのだが、日本文学史における「自然主義」というのは実に微々たるもので、線香花火のように短命だったということだ。
明治39年という1年にすべてが集中しており、その前数年間にゾラの手法を真似た小説がいくらか書かれ、39年に洋行帰りの島村抱月が大々的に打ち出し、島崎藤村の「破戒」が発表されて、次の年には田山花袋が「布団」を書いて一気に時代を風靡した。そしてその数年後には文学の表舞台からおずおずと引き下がり、書き手の連中は「私小説」作家として生き延びていく。それが第二次大戦後は「純文学」作家としてえばり散らすという経過だ。
「日本型」自然主義の特徴は手法としての「赤裸々主義」でしかなく、四畳半的広がりしか持たない。
日本文学の革新性は田岡嶺雲の志向のもとにあった。彼は尾崎紅葉の戯作趣味を排撃し、階級性を打ち出した。これに対し高山樗牛があからさまな資本家の利害を持ちだした。
こういう真っ向勝負の中で、自然主義派は芸術の独自性を打ち出すことで抜け道を探った。その際こしゃくにも「社会的」傾向を持ち込むことによって科学派・進歩派のような装いを凝らした。
日露戦争後の社会的反動は、そのようなヌエ的な一派にも進歩の思想を紛れ込ませざるをえないような状況を現出した。
これら諸々の事情が、魚住折蘆の「自己主張の思想としての自然主義」に反映されている。だから、今の我々がこの論文を読んでもさっぱり分からなくさせているのである。「自然主義」は明治40年代、大逆事件直前の日本の文学状況のメタファである。「自然主義」が論理的ににっちもさっちもゆかなくなっている現状を、啄木は「時代閉塞の現状」と見ぬいた。
「自然主義」は意気地のない個人主義に過ぎない。日露戦争後の排外主義、軍国主義の跋扈という状況に対するへ迎合と後ずさりしながらの個人主義であり、それも大逆事件で後を絶たれる。
このような時代閉塞の状況を打破したのは、文化人ではなく、大正7年に富山から始まった「米騒動」という民衆の決起であった。

それを見ぬいた啄木の直感は「慧眼」と呼ぶにふさわしいと思う。