まじめに勉強するつもりはないので、かんたんな紹介文を読んで感じだけつかんでおくことにする。

多重知能理論の概要」というページで、筆者は恒安眞佐さんという方、芝浦工業大学の先生である。

「多重知能」というのは“Multiple Intelligences”の訳。1983年に、ハーバード大学の心理学者ハワード・ガードナーが提唱しました。

言わんとする所は次のごとくまとめられている。

1.知性(複数)は多重である

人は皆それぞれ一組の(多重知性)を持っており、少なくとも8-9つの知的活動の特定の分野で、才能を大いに伸ばすことが出来る。

紙と鉛筆だけで測るテスト知能だけではなく、それ以外の知能にも目を向けるべきだ。

これだけなら別に難しくもないが、「だから何さ」ということにもなる。ずらずらと列挙するのはマズロー以来の米国の心理学者の特徴だ。

まぁもう少し聞いていこう。

2.知性は情報処理能力である

インテリジェンス(知性)とは、ある種の方法で情報を処理する生物学的、心理学的潜在能力である。

これも「あぁ、そうかい」ということだ。

次は当たり前だが忘れがちな、少し大事なことかもしれない。

3.知性は時代により相対的なものである

それはある文化的背景において活性化され、その文化において価値があるとされる物事を作る能力である。

つまり知性というのは時代(狭い意味では時・ところ・場合)に合わせて相対的なものだということだ。

4.知能検査や学力テストで知性は測れない

知能検査や学校の学力テストで測れるのは、せいぜい言語的知能や論理数学的知能くらいだ。

それではダメだ。なぜなら知能は複合的だからだ。

とここまでが総論で、「わざわざ読んで骨折り損だった」と思います。

ここから、(おそらく紙数の関係で)一気に各論に入ります。各論というのが「8つの知能」論である。

8つの知能というのは、言語的知能(しゃべくり力)、論理数学的知能、空間的知能、身体的能力、音楽的能力、人的能力(交際力)、内省的能力、博物的能力である。

なにか昔から聞いたような適性別の進路選択論だ。結局は負け犬をどこの檻に放り込むかという話になる。あぁ、時間を損した。