というわけで早速YouTubeを漁る。
elenakuschnerova.com という本家サイトがあって、ずいぶんたくさんの演奏がアップされている。
そこから辿って行くと、 Radio Pianoforte - Radio EΛENA ** というサイトに行く。ここのFree Download のページには驚くほどの音源が用意されている。

1990年のモスクワ音楽院での演奏のビデオがあって、すごい。
ほっそりしている。最近のビデオではポパイみたいな腕だが、あれは贅肉だ。ロシア人だから仕方ない。
ピアノ・フォルテというが、この人はフォルテ・フォテシモだ。凄まじい勢いで驀進していく。

Kuschnerova at the 1990 Tchaikovsky Competition, second round というクレジットが入っている。
しかしこの年のピアノ部門の入賞者7人の中にクシュネローバの名はない。どうもわからないのだが、82年に学校を卒業して、8年も現場でやっていてからコンクールに出るということがあるのだろうか。しかも選外だ。
ひょっとするとこれが国を出た原因なのだろうか。

とはいうものの、ドイツに移ってから芸風は変わった。体操選手からバレリーナに転向ということだろう。
どういうわけか本家のサイトなのにあまり音質の良いものがない。
音の割れていない演奏から選んでおく。
Mendelssohn - Lieder ohne Worte Op.67 No.2 - Kuschnerova
Bach - French Suite No.2 in c minor BWV 813 - Kuschnerova
Tchaikovsky - Meditation - Kuschnerova

バッハの平均律はあまりおすすめできない。
広島の音大の先生も勤めているようで、日本の音源が多いようだ。