立ち上がるって、とても苦しいことなんだ、ということが分かる。

我々の世代のように、周りが「闘わなくっちゃ」という雰囲気の中で立ち上がるのとはレベルが違うのだ。

それもふくめてこのメッセージには力があって、感動させる。

それが、「市民連合応援団 “民主主義ってなんだ?” リレートーク」での、シールズの奥田愛基さんの訴えだ。

昨年、私が私のままデモにかかわったように、
私のまま選挙にかかわりたい。
私のために政治があるからだ。

これは、私たちへのメッセージだろう。私はこう受け止める。

あなたもあなたのままデモにかかわった。
だからあなたにも、あなたのまま選挙にかかわって欲しい。
あなたのまま選挙にかかわるほどに
あなたに変わって欲しい

私は愛田さんほどに、自分を自分の前にさらけ出し、自分に厳しくあることはできそうもないが、それに感動し、それを支持することはできる。