ビットコインについて書こうと思ったが、ネットの日本語記事にはまともな解説は一つもない。

それならいっその事、何が分からないかを箇条書きにしていったほうが良さそうだ。

その手の話しなら2チャンがいいだろう。

無くなったのはビットコイン?、それともキャッシュ?、それとも両方?

現金はどうやって引き出されたのか?

盗んだやつが換金してないなら、凍結できるのでは?

オバーフローすると、どうして引き出す隙が出来るのか?

大量のビットコインを本物のキャッシュや商品と交換したら確実に足がつくのでは?

取引不能になるんならまだしも、消失するのは変。

会社保有分のコインがどこに行ったのか調べられないのか。

客が送金した現金も数十億なくなってる。これは完璧に泥棒だろう。

繋いできたポートに強制的に大量データを送り返すシステムは作れるはず。

基本的には、誰がどれだけコイン持ってるか、把握されているはずではないか。

DDos(分散型サービス妨害)対策というがアクセス制限何もやってなかったのか。

などなど


不思議なのは、ビットコインが無くなったにせよキャッシュが無くなったにせよ、取引で失われたのではない(らしい)ということだ。

ハッカーはハッカーであって泥棒ではない。誰が盗んだのかにせよ、それは泥棒だ。

ビットコインの取引が博打の鉄火場であったにせよ、行われたことはいかさま賭博ではなく、賭場荒らしだ。テラ銭掠めだ。

「ビットコイン取引が危険か危険でないか」という話とは次元が違うのではないか。ここが分からない。

これらの疑問に答える記事が出るのを待つとしようか。