シナロア・カルテルのボスで、麻薬王ホアキン・グスマン(エル・チャポ)が逮捕されたそうだ。
これでメキシコ麻薬戦争列伝に書いた「英雄」たちは誰もいなくなった。
PRI が政権に返り咲いた時から、この日は約束されていたのかもしれない。

https://livedoor.blogimg.jp/shosuzki/imgs/9/6/96cb5ed8.jpg

メキシコシティーに連行されたグスマン


https://livedoor.blogimg.jp/shosuzki/imgs/2/d/2d1f41dd.jpg

こちらはYouTube 逮捕直後らしい。

Momento Exacto de la CAPTURA del Chapo Guzman en Mazatlan Sinaloa 22 Febrero 2014

次は今回の事件とは関係ない流行歌の世界だが、
El Chapo de Sinaloa - Le hace falta un beso (Video Oficial)
というのはなかなかいい歌だ。トランペットがやたら上手い。

かと言って、ガルフ・カルテルが昔日の勢いを取り戻すこともあるまい。
とりあえずは第一幕は終了したのだろう。
第二幕がふたたび繰り広げられるのかどうかは分からない。米国のマーケット次第だろう。
ただ、メキシコの問題は麻薬だけではない。米国への密入国と彼らを使う使用者の問題が解決されなければ、米墨関係の火種は消えない。
密入国を促しているのは、国境の両側に横たわる圧倒的な経済格差だ。そのためにもNFTAの手直しと、メキシコ政治の抜本的な見直しが必要だ。