籾井会長は多分アウトだろう。あまりにもひどい。最初から最後まですべて暴投だ。死球や危険球もたくさんある。一発退場だ。

赤旗でも大々的に報道しているが、その割には片言隻句ばかりだ。

朝日新聞でかなり詳しく報道しているが、例によってカネを払わないと読めない。

とりあえず、ネットで拾えるだけ拾う。


 NHKの籾井勝人新会長の25日の記者会見での主なやり取りは次の通り。

 私の任務はボルトやナットを締め直すこと。放送法を順守しながらいろいろな課題に取り組んでいく。

 ――尖閣諸島などの領土問題について、国内番組で日本の立場を伝えたほうがいいという考えか。

 日本の明確な領土ですから、これを国民にきちっと理解してもらう必要がある。今までの放送で十分かどうかは検証したい。

 ――国際放送では日本の立場を政府見解そのままに伝えるつもりか。

 国際放送は(不偏不党の)国内(放送)とは違う。領土問題については、明確に日本の立場を主張するのは当然のこと。政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない。

 ――靖国神社の参拝と合祀(ごうし)についての考えは。

 総理が信念で行かれたということで、それはそれでよろしい。いいの悪いのという立場にない。行かれたという事実だけ。

 ――NHKの報道姿勢としてはどうか。

 ただ、淡々と総理は靖国に参拝しましたでピリオドだろう。

 ――正月の番組で印象に残ったものは。

 どの局も一緒。NHKをできるだけ見た。他社の番組も見た。それほど、これがよかったというのは用意していない。

 ――慰安婦を巡る問題については。

 戦時中だからいいとか悪いとかいうつもりは毛頭無いが、この問題はどこの国にもあったこと。

 ――戦争していた国すべてに、慰安婦がいたということか。

 韓国だけにあったと思っているのか。戦争地域にはどこでもあったと思っている。ドイツやフランスにはなかったと言えるのか。ヨーロッパはどこでもあった。なぜオランダには今も飾り窓がある のか。

 ――証拠があっての発言か。

 慰安婦そのものは、今のモラルでは悪い。だが、従軍慰安婦はそのときの現実としてあったこと。会長の職はさておき、韓国は日本だけが強制連行をしたみたいなことを言うからややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っているわけだが、日韓条約ですべて解決していることをなぜ蒸し返すのか。おかしい。

 ――会長の職はさておきというが、公式の会見だ。
では全部取り消します。

 ――取り消せない。

会長としては答えられないが、それだとノーコメントばかりになるから「さておき」と言って答えた。

ここから先は有料だそうだ。
特定秘密保護法に関する報道を問われ、

「通ったので、言ってもしょうがないんじゃないか。必要があれば(番組を)やる。世間が心配しているようなことが政府の目的であれば大変だが、そういうこともないのでは」

という話もあったようだ。

慰安婦問題が一番の問題であることは言うまでもない。

しかし、NHKのあり方を考える上では
国際放送は(不偏不党の)国内(放送)とは違う。領土問題については、明確に日本の立場を主張するのは当然のこと。政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない。
というクダリの方が、はるかに重大であるように思える。

「国際放送は違う」と、放送法の適用外にし、日本政府の広報機関とすることは完全な違法行為である。しかも、この論理は果てしなく拡大解釈されるおそれがある。

籾井会長は後日「陳謝」したというが、この点についても撤回したのだろうか。