アーレントのマルクス「誤読」に関する一考察――労働・政治・余暇
京都大学 人間・環境学研究科 博士後期課程 百木漠

という論文があった。

百木さんは優しい人である。
「誤読」にはそれなりの理由があった、と考え
その理由をるる説明している。

その優しさに私はイライラする。
「誤解でなく曲解だ。アーレントなんてアホでスカタンだ」
と言ったらいい。

まず、そういってから、
「しかし彼女にもそれなりの理由があったんだ」と書けばいい。
きっと胸がすっとするだろう。

オレは言ったぞ!