昭和二十年十月二十二日

日本の教育制度の管理についての指令

 

1 日本政府の新しい内閣に対して、教育についての占領の目的と政策 を、よく解らせるために、次のように指令する。

a 教育の内容はすべて、次の方針によって、取り調べた上で、改め、取りしまる。

(1)軍国主義の考えと極端な国家主義の考えをひろめてはならない。それで軍事教育と軍事教練はすべてやめる。

(2)議会政治、国際平和、個人の尊さ、集会の自由・言論の自由・信教の自由 のような人間の根本的な権利と合う考えを教えたり、行いを身につけさせるのがよろしい。

b 教育関係者はすべて、次の方針によって、取り調べた上で、留任させ、退職させ、復職させ、任用し、再教育し、取りしまる。

(1)教員と教育官吏は、できるだけ早く、取り調べた上で、職業軍人・軍国主義と極端な国家主義をひろめた者・占領政策に進んで反対する者はやめさせる。

(2)自由主義と反軍との考えか行いのために、解職され、休職にされ、辞職をさせられた教員と教育官吏は、その資格を直ちに取りもどしてやることを公表し、適当な資格があれば、他の者よりも先きに復職させる。

(3)人種・国籍・信教・政治上の考え・社会的地位によって、学生・教員・教育官吏を区別して扱ってはならない。この区別から起ってきた不公平は、直ちに改める。

(4)学生・教員・教育官吏は、教育の内容のよしあしを、冷静にひはんするのがよろしい。政治上の自由・公民としての自由・信教の自由などの諸問題について、自由に遠慮なく論じ合ってよろしい

(5)学生・教員・教育官吏・一般社会に対して、日本占領の目的と政策・議会政治の理論と実際・軍国主義の指導者とその協力者とそれらに引きずられて日本国民に戦争をしかけさせ、その避けられない敗戦と苦しみとひどい現状をもたらした者の演じた役割をよく教えてやる

c 教育に用いる材料は、次の方針によって、取り調べた上で、改め、取りしまる。

(1)現在の教科目・教科書・教授指導書・教材は、とりあえず用いてもよいが、できるだけ早く取り調べた上で、そのうちで軍国主義の考えと極端な国家主義の考えをひろめるために作られた部分は取り除く

(2)教養があって平和的で責任を重んずる公民をつくる ために、新しい教科目・教科書・教授指導書・教材を整えて、できるだけ早く現在のものと取りかえる。

(3)教育活動は、できるだけ早く、平常にもどさなければならないが、設備が不十分なときは、初等教育と教員養成を、他のことよりも先きに扱う。

2 文部省は、マッカーサー司令部の関係部局と連絡する機関を設け、その要求によって、この指令のそれぞれの条項にもとづいてとったすべての処置のくわしい報告書を出さなければならない。

3 この指令のそれぞれの条項に関係のある日本政府の官吏と雇傭員、公私立学校の教員と職員はすべて、この指令の字句も精神も、一人一人責任をもって守らなければならない


だいじなポイントだな、と思うところはイタリックにしてみました。
それをキーワードとして並べると、見出しのようになります。

この順番がだいじなので、基本的人権や民主主義という考えは、個人の尊厳・自由・無差別という3つの概念から導き出されるものだということが分かります。

日本語としては平易さを通り越して、やや稚拙な印象もありますが、気持は良くでています。とくに以下の行は、「下からの軍国主義」と、教え子を戦場に送った教師たちへの怒りがひしひしと伝わってきて、その迫力に圧倒されます。

軍国主義の指導者と、その協力者と、それらに引きずられて (たとえ積極的でなかったとしても)日本国民に戦争をしかけさせ、その避けられない敗戦と苦しみとひどい現状をもたらした者(すなわち教師たち)の演じた役割をよく教えてやる