北海道では連日のJR北海道バッシングのキャンペーンが続いた。
気がついてみたらぱたっと止まってしまった。
一体どうなっているのだろう。
これで終わったら、ほんとうのところはまったく追及されないままだ。
本来なら土下座をしなければならない運輸大臣が、JR北海道を糾弾する側に回って、記者会見で得点を稼いだ。あれはたしか公明党の委員長かなんかではなかったかな。

「JR北海道よくやった」論を吐いて、大目玉を食らったことがあるが、事故や改ざんの根っこの問題、経営赤字の問題は何一つ解決されていない。

そもそも経営が成り立ちっこない状況に追い込んでおきながら、その責任をすべて経営者におっつけるなら、経営者の首が何個あっても足りない。

今度の一連の不祥事の原因は、作業日誌を見るまでもなく、バランスシートを見れば一目瞭然であろう。

死んでお詫びをすべきだったのは、前社長ではなく、運輸省だ。

とりあえず安全対策費については、国が全額を引き受けるべきだ。
そして経営が成り立つような、抜本的な再建計画をあらためて構築すべきだ。それをやらなければ、また問題が起こる、それは火を見るより明らかだ。

メディアのみなさん、やるべきは運輸省バッシングであって、JR北海道バッシングではないでしょう。根本的には「北海道のローカル線は国が直営とする」くらいの構えで望まない限り、問題は解決しません。