ニクソンインタビュー

ウォーターゲート事件について資料を収集しているうちに、面白いページを見つけました。

*プロジェクト杉田玄白* というサイトで、「リンクやコピーは黙ってどうぞ」となっているのでそうさせていただく。

大統領辞任後のニクソンに、ウオーターゲート事件などについて聞いたインタビューの抜粋。

1977年5月にテレビ放映されたもので、司会者デビッド・フロストが、ニクソンから「大統領がやることなら違法行為でも合法になる」というに等しい率直すぎる発言を引き出し、注目を集めた。
フロスト: 1970年に、米軍とベトナム軍によるカンボジア侵攻が始まったあと、ニクソン大統領は、自らに反対する人々への諜報活動を改善する必要に迫られました。
結果として、ホワイトハウスのトム・ヒューストン補佐官は、CIAやFBIその他の諜報機関の代表者たちと、いわゆる「ヒューストン計画」を作成しました。

盗聴や侵入盗、あるいは郵便物の開封や反戦団体への侵入といった、いわゆる汚れ仕事を組織的にやろうとする計画です。
こうした活動には明らかな違法行為が含まれていました。にもかかわ らず、大統領は計画を承認しました。

結局この計画は、フーバーFBI長官が反対し撤回されました。

フロスト: あなたがおっしゃっているのは、特定の状況では、大統領は、国その他の利益を最大化するべきで、違法行為をやると決定することができる、ということですか。

ニクソン
: そう、大統領がやることなら、それは違法ではないんです。

フロスト: 定義により。

ニクソン: まさに、まさにその通り。
もし国内平和への脅威があり、それも非常に重大な規模だったとします。
大統領が、国家の安全のために何かを承認したとします。
そのとき大統領の決定は、その任務を遂行する者に、法を犯さずに任務を遂行する ことを可能にするんです。
そうでなければ、任務は不可能になる。

フロスト: 違法か合法かを区別する一線は大統領の判断だ、ということですか?

ニクソン: ええ、それはこの国の選挙民に「大統領が逃げている」という印象を持たれないようにするためです。
我々はまた、議会から予算承認を得なければなりません。
また忘れてならないのは、CIAやFBIの秘密作戦は、議会の中でも信頼の厚い、極々一部の人にだけ開示されることになっていました。それが長年にわたるやり方だったのです。
今日でもそれが可能かどうかはわかりませんが…。

フロスト: 大統領職について、あなたはこうおっしゃいました。
「ある種の政府の活動は、国家の安全を守ろうとする元首によって行われるならば、根源的な意味で合法となります。私人による活動なら合法でない、としてもです。このことは明らかです」
そもそも、このとき何を念頭においていたんですか?

ニクソン: たぶん、南北戦争中にリンカーンが語ったことです。私よりずっとうまく表現していますが。
リンカーンはこう言ったんです。
「平時なら違憲になりうるような行動でも、憲法と国家を守るために行われるなら、それは合法になりうる」

私が言っているのは、そういう行動のことなんです。
もちろんリンカーンのケースでは、戦時における連邦の生き残りがかかっていました。国家の防衛、国家の生き残りに関わる問題でした。
誰がそのことを分かっていたでしょうか。

フロスト: でも、リンカーンが直面していたのと、あなたが直面していた状況は比較にならないでしょう?

ニクソン: この国はベトナム戦争によって、イデオロギー的に二つに引き裂かれていました。それはリンカーンが大統領だったとき、南北戦争で国が引き裂かれていたのと同様です。

フロスト: でもあなたは、ヒューストン計画についての話で、あなたはこう言いましたよね。
「もし大統領が命令すれば、それは合法になる」
憲法あるいは権利章典に、「大統領は国家元首以上の存在で、法を超越している」と読めるような記述があるんですか?

ニクソン: いや、ありません。憲法にはそうしたことは何も書いてありません。
私はすべての条文を隅々まで読んだわけではありませんが、それでもわかっていることがあります。
つまり戦時に、戦争にかかわる限りの範囲で、大統領は非常に大きな権力を持つものとされてきたんです。

それは、国家と憲法を守る目的のためになされるならば、平時なら違法になる行為でも、合法なものとする権力です。

国家と憲法は、私たちがずっと話しているような権利を守るためにこそ、必要なんですよ。