この年表で、ネパール共産党のあらましの流れが分かるでしょう。(かえって謎が深まるかもしれないが)

Nepal Communist Party: Division and Emergence of Maoist Line by Surendra K.C

という文献からのものです。訳文にはかなり誤りがあると思うので、原文にあたることをおすすめします。

1949年9月15日 カルカッタでネパール共産党(マルクス主義)が創設される。インド共産党(マルクス主義)の影響を受け、国王独裁制、封建制、帝国主義と闘う方針を打ち出す。書記長にはPushpa Lal Shresthaが就任。

CPN(ML)のホームページでは49年4月22日と記載されている。

1951年 ネパールで共産党の指導する民主化運動が盛り上がる。Rana体制が崩壊。

1952年1月24日 Raksha Dalの蜂起。共産党が非合法化される。

1952年 党政治局会議、プシュパラル書記長を追放しマンモハン・アディカリを書記長に選出。

1954年 最初の党大会がパタンで非合法下に開催。Manmohan Adhikariが書記長に選出される。

1956年4月 共産党が合法化される。共産党は「立憲君主制を受け入れ平和的手段で社会主義思想の宣伝を行う」との声明を発表。

1956年 アディカリ、中国共産党大会に出席。そのまま病気療養に入る。その間、ラヤマジが書記長代行を勤める。

1957年 カトマンズで第二回党大会が開かれる。共和制を目指す綱領を採択。Keshar Jung Rayamajhiが書記長に選出される。

1960年12月 王室のクーデター。共産党のRayamajhi書記長は、「進歩的ステップ」とこれを賞賛。インド共産党の指導者Ajoy GhoshはRayamajhiに路線を修正し君主制反対の闘いを再開するよう勧告。

1961年初め 全ての政党が禁止される。政府は共産党への弾圧を開始。Rayamajhiは君主制への支持を続けたため党内で孤立。

党内矛盾解決のためDarbhanga(インド)で中央委員会総会が開かれる。Rayamajhi派は立憲君主制の維持を主張。Pushpa Lal派は議会の再開に向けた大衆動員を主張、Mohan Bikram Singhは憲法制定議会の創設を主張する。

1962年4月 党内派閥の一つがVaranasi(インド)で「第3回党大会」を開催。民族民主革命の路線を採択。Rayamjhiの除名を決定。書記長にTulsi Lalを選出する。

中央委員会を掌握したRayamajhi派は、この大会を承認せず。党はTulsi Lal Amatya派と、Rayamjhi派に事実上の分裂。以後最大17派にまで分裂。

1,968年 ラヤマジ派が総会を開催。反対派はこれをボイコット。以後ラヤマジ派は四分五裂し力を失う。残党(NCPマナンダル派)は94年に統一共産党に合流。

1968年 プシュパラル(初代書記長)とTulsi Lal、インドのゴラフプールで別党の結成を宣言。インド・ビハール州との国境地帯で、インド共産党(ML)の支援を受け、独自の党組織の建設に着手する。

1971年5月 共産党トゥルシ・ライ派、ジャパ(Jhapa)地方で武装闘争を開始。

1971年 アディカリとビクラム・シンが8年の刑期を終え出獄。全共産主義者の結集と単一党の形成を呼びかける。

1974年 ビクラム・シン、みずからの同志を集め集会を開催。第4回党大会と呼称する。

1975年12月 アディカリとビクラム・シンらにより党再建のための「中核」が結成される。

1975年 ジャパの武装闘争に連帯する全ネパール共産主義者革命共同委員会が設立される。

1977年 「4大会」派、指導者のシンを女性問題で解任。Nirmal Lama を新たな指導者に据える。1年後にラマからシュレスタに交代。シンは78年にNCP(マシャル派)を結成。

1978年12月26日 ネパール共産党(マルクス・レーニン主義)が創設される。全ネパール共産主義者革命共同委員会を母体とする。書記長にC. P. Mainaliを選出。

1979年10月 マシャル派が第五回大会を開催。若手のキランを書記長に選出するが、これを不満とするシンらは新たにマサル派を結成。マサル派からはさらにバッタライらの「反乱グループ」が分離する。

1982年 ネパール共産党(マルクス・レーニン主義)が路線を大転換。武装闘争を放棄し、人民民主主義闘争路線をとる。武装闘争に固執するマイナリは書記長の座を追われ、ジャラ・ナト・カナルに交代。

1989年 統一左翼戦線が組織される。民主政治をもとめる運動の中で、党派を乗り越えた統一が進む。

1991年5月 議会選挙が行われ、統一左翼戦線が躍進。

1991年 ネパール共産党マルクス主義派とネパール共産党マルクス・レーニン主義派が合同して統一共産党を結成。

1991年 マシャル派、4大会派、マサル派、反乱マサル派などがネパール共産党「統一センター」を結成。

1991年 「統一センター」がまもなく分裂。マシャル派と反乱マサル派が共同しマオイスト党の結成に動く。他の党派は「統一センター」の名称を維持。

1993年 統一共産党の党大会が開かれる。議長にマン・モハン・アディカリ(旧マルクス主義派)、書記長にマダン・クマール・バンダリ(旧マルクス・レーニン主義派)が就任する。

バンダリ書記長が事故死。後任書記長には同じ旧マルクス・レーニン主義派のマダブ・クマル・ネパールが就任。

1994年 統一共産党が与党となりアディカリが首相に就任。王室と共産党の共存を目指す。まもなく野党の不信任により政権崩壊。

1998年 統一共産党がインドとの条約をめぐって分裂。サハナ・プラダンを党首とし、バムデヴ・ガウタムを書記長として「ネパール共産党マルクス・レーニン主義派」(第2期)が結成される。

2001年 王室内クーデター。ギャネンドラ国王が即位。

2002年 ネパール左派共産党が統一共産党に合流。

2002年 第二期マルクス・レーニン主義派が統一共産党に再合流する。残留派はマイナリを書記長に選出し党を維持。

2006年4月 4月革命。国王は主権を国民に返還。下院が復活し、制憲議会選挙の開催が決定される。

06年11月 政府とマオ イストが包括的和平協定。13,000人以上の死者を出した10年間におよぶ内戦が終結。国連がマオイストの武器と兵力を監視下におく。

2007年1月 暫定議会が発足し、マオイストもこれに加わる。

08年2月 南部平原地帯のマデシ人の武装闘争、政府との和解に達する。

2008年4月10日 制憲議会選挙。統一共産党はネパール書記長が落選するなど惨敗を喫し第3党に転落する。

4月 ネパール書記長、選挙での敗北の責任を取り辞任。ジャラ・ナト・カナルが新書記長に就任。

5月28日 制憲議会が招集される。圧倒的多数により共和制を宣言。ギャネンドラ国王は退位。

2008年8月15日 制憲議会での首班指名。統一共産党の支持によりプラチャンダ政権が誕生。

8月31日 連立与党となった統一共産党、副首相兼内相のバムデヴ・ガウタムを含む6人が入閣する。

2009年2月16日 統一共産党の第8回党総会が開催される。マオイストとの教頭、議長人事をめぐり激しい闘いが展開される。議長選挙ではマオイストとの連合維持を主張するカナル書記長が、ネパール元書記長の率いる反マオイスト連合を破る。書記長にはイシュワール・ポクレル副議長にはアショク・ライ、バムデヴ・ガウタム、ビディヤ・デヴィ・バンダリが選出される。

09年4月 カナル議長が中国を訪問。「いかなる外部勢力によるネパール国内での反中国活動に断固反対する」と発言。

2009年5月4日 統一共産党、国軍参謀総長の解任に反発し連立を離脱。プラチャンダは辞任に追い込まれる。

2009年5月23日 制憲議会において、統一共産党のマダブ・クマル・ネパール元書記長が22党の支持を受け首相に選出される。マオイストなど3党が投票をボイコットしたため無投票での選出となる。