中国が防空識別圏を設定したのには本当に驚きました。
このところの中国外交路線とは明らかに違う方向だからです。
軍部はおそらく、尖閣暴動の時の反日気分の高揚による起死回生を狙っていたのでしょう。
しかし期待したような反日気分は起こっていません。GDP減速という現実の前には、このようなあざとい戦術では勝てないでしょう。

むしろ韓国をも巻き込んだ反中国覇権主義の国際世論が強まっています。
石油資本・軍部・環球時報のトロイカ体制が機能しなくなっています。
不破さんの親中傾向にもかかわらず、共産党は中国(鄧小平路線)への批判を強めています。

振り上げた拳の下ろしどころが難しいところですが、とりあえずは米中二強論が後景に退き、アジア中心主義への回帰が強まるでしょう。

そしてポスト安倍論を基軸に据えた東アジア共同体への志向が強まっていくのではないでしょうか。

後は日本人民の決起次第です。それは来るべき東京都知事選という形で現れるでしょう。