日本の財政は税収その他で46兆円、新規国債44兆円という形で賄われている。
そして「財源がない、ない」と騒いでいる。
どころで、ケイマン諸島への投資残高は55兆円だ。長年かけて積もってきたというならまだ分かるが、10年前は19兆円だから毎年4兆円づつ増えている。これらの資産が税金としてきちっと収められていれば、消費税は引き上げなくて済む計算だ。
嬉しい事に、この金は死に金だから実体経済にダメージが出る恐れはない。つまり日本経済へのマイナス影響はないのだ。
悲しいことに、この金を吸い上げる法的手段は今のところない。客観的に見て明らかに不正行為ではあるが、違法行為ではない。それが「規制緩和」ということだ。
だから「脱税ではなく節税だ」と、彼らはうそぶくのである。