これは初めて見るグラフ。相当苦労して作ったものと思う。海外店の貸出残高だけでは、タックスヘイブンへの資金移動の実体はつかめないので、これに特別国際金融勘定を載せた。これを各銀行の決算資料から合算している。
まあこれは氷山の一角であり、絶対額にはあまり意味が無い。ということで伸び率をグラフ化したわけだ。ご苦労さんでした。

https://livedoor.blogimg.jp/shosuzki/imgs/d/f/df815c7f.jpg
おそらく円換算の残高であると思われ、為替の動向をもろにかぶっているが、海外貸出残高はおそらく2倍程度には伸びてきていると思われる。
比較的慎重な態度をとっている印象ではあるが、国内貸出との比較で見るとやはり海外志向が強いことがうかがわれる。
それにしてもこの1年の伸びはものすごい。円安で凄まじい利益を上げたことが容易に予想される。