「国民総所得を増やす」という騙し

私も知らずに恥をかくところだった。

安倍首相の言う「10年間で一人あたり国民総所得を150万円増やす」という公約。

この国民総所得というのは給与所得とも雇用者報酬ともまったく関係のない概念だということだ。

垣内さんによれば、国民総所得というのは、むかしよく使われていた国民総生産(GNP)のことだそうだ。

話の経過からすると、むかしの日本は、いつも貿易赤字を出してヒイヒイ言っていたので国民総生産=国民総所得で良かったのだが、貿易黒字国になって海外からの利子・配当収入が入ってくると。総生産よりも総所得のほうが多くなって来て、国内生産を反映しなくなってしまったために、経済指標がGDPに変わったのだそうだ。

だから、逆に言うと、国民総所得というのはGDPに海外からの利子・配当収入を足したものということだ。

したがって、安倍首相の言う「国民総所得を増やす」というのは、あらあらで言ってGNPを一人あたり150万円分増やすということにすぎない。

GNPが増えても給与は上がらない。そのことは過去10年余りで実際に経験してきたことだ。

ところが安倍首相はGNPを増やすことをもって、「国民の平均年収を150万円増やす」と言っているらしい。「らしい」というのは、各地の演説でしゃべっているという情報で、確認はとれていない。

たださすがに問題にはなっているようで、菅官房長官は「首相は分かりやすく説明しようとしたんだろう」と釈明しているようである。

しかし垣内さんはこれは「言い換え」ではなく、「すり替え」だと噛み付いている。

私から見れば「騙しのテクニック」だ。

むかしの旅役者の「美空びばり」並みのお粗末。