川内村の遠藤村長の国会での証言(共産党高橋議員の質問に答えたもの)

代替エネルギーがなければ、再稼働反対と言ってはいけないのか

というもの。
まことに論理を超えた、感情の噴出である。

「とにかく原発やめよう」というところからどうして出発しないんだ、という怒りでもある。

そして、再稼働論者の脳天への一撃でもある。

福島県は県内の原発をなくすと宣言している。人間の気持ちはそうなるものだ。
ならないのは想像力が足りないからだ。事実を見ようとしないし、そのことについて自分の前頭葉を使って考えようとしないからだ。