「天皇陛下万歳」とは何事か

ニュースで式典の模様を眺めていた。天皇・皇后の終始こわばった顔が印象的であった。皇后は卒倒せんばかりの表情である。

今上天皇のこれまでの言動からして、この式典は明らかに本意ではない。

だから“お言葉”なしで座り続けることに意味があったのだろう。その表情を沖縄の人に見てもらいたかったのではないか。

あまつさえ、式典終了後に帰ろうとする二人に「天皇陛下万歳」の唱和が送られたという。これが「天皇の政治的利用」でなくて何なのか。

「何よりも陛下に対して失礼この上ない」とのコメントがあるが同感である。韓国日報は「天皇陛下万歳はハイル・ヒトラーと同じ」と論評した。同感である。

「そのうち式典では必ず「天皇陛下万歳」って三唱されるようになり、しなければ非国民扱いされるんだよな。学校でも強制されるようになるよ」というコメントがあった。同感である。

NHKはこれを放映しなかった。何故か赤旗も報道していない。

まず画像がここで見れる。

http://gyao.yahoo.co.jp/news/player/20130428-00000017-jnn-pol/

http://livedoor.blogimg.jp/shosuzki/imgs/4/7/474e241a.jpg

TBSのニュースはしっかりと写した。壇上左端で諸手を上げているのが安倍首相である。

沖縄県の高良副知事は「天皇陛下万歳」をしなかった。