自転車談義は流石に疲れました。
脳みそのスタミナの衰えを痛感します。
「好奇心」そのものはそう衰えてはいませんが、
そのために読まなければならない、
マニュアルの重圧は重くのしかかってきます。
自転車のマニュアルもさることながら、
本丸であるハイエクとシュンペーターとポラニーに行くまでの
出発点の確保のための学習ですから、
あまり深みにハマると五里霧中、
何をやっているのかわからなくなります。

とにかく何とか切り上げることにしましたが、
この世界は相当奥深いです。
とくに制御工学にハマると、脱出不可能かと思います。
階層化し、構築した我々の論理を、
工学的知識がやすやすと追い越していきます。
ミーゼスやハイエクをランゲが叩き伏せたように