スイスで国民投票が行われ、役員への高額報酬を憲法で禁止することが決まった。
ルールを破った場合は、最高3年の禁錮刑プラス報酬の6年分に相当する罰金が課される。
賛成票は68%に達したそうだ。

ここまで話が進んだのは、銀行幹部が危険な投資によって莫大な損失をもたらしたにもかかわらず、30億円近い報酬を受けていたのが分かったからだ。

ほかにもノバルティス(製薬会社)の会長の退職金が70億円の退職金をもらうというニュースも流れ、国民の気分をいたく傷つけた。

この間のEUでの高額報酬禁止決議といい、ヨーロッパには富裕層バッシングの嵐が吹き荒れているようだ。身から出た錆というべきか。