前日の記事で「チャベスはラテンアメリカ自立の旗振り役」と書いたが、いささか説明が足りない。

大声をだすだけが旗振り役の役割ではない。砕氷船のように情勢を切り開き、民衆政府建設の水路を作り上げることによって、旗振り役となったのである。

彼の切り開いた水路をあとづけてみる。

A.まず民衆の覚醒を呼びかけたことである。

①おお友よ、このような音ではない!

80年代はラテンアメリカにとって「失われた10年」と呼ばれている。しかし前半と後半では“失われ方”が違う。

前半は軍事独裁の時代であり、軍事政権の失政により急速に経済が崩壊していく時期であった。人々は軍事独裁の打倒と民主化に燃えた。民主化すれば経済も良くなると信じたのである。

しかし民主化は実現したが、経済は一向に好転しなかった。軍人は姿を消したが、もうひとつの支配者である多国籍企業と国際投機資本はそのまま残った。

「民主化」は偽りの民主化であり、もう一つの敵であるネオリベラリズムとの対決なしに、民衆にとっての「民主化」は実現しない。

1990年に起きたカラカス暴動と、それに続くチャベスのクーデターは、それを民衆の前につきつけた。

私は、実はこれこそがチャベスの最大の業績ではないかと思っている。

ベートーベンの第9の歌い出しはこうなっている。

O Freunde, nicht diese Töne!
Sondern laßt uns angenehmere
anstimmen und freudenvollere.

おお友よ、このような音ではない!
我々はもっと心地よい
もっと歓喜に満ち溢れる歌を歌おうではないか


②闘う敵を明確にした

80年代の軍政民主化の運動は反軍政派の政治家を前面に押し出した。その多くは軍政時代以前からの政治家で、基本的政治スタンスは親米・反共であるにもかかわらず、民衆からは一定の幻想を持たれていた。

左翼勢力は、軍の徹底した弾圧で国内基盤を失い、有効なイニシアチブを発揮できなかった。

政府は、国際資本と闘うのも大いに結構だが、その前に、まずもって国民に飯を食わさなければならない。冷厳な論理ではあるが、それは決して「資本の論理」と同じものではない。

多分に同情すべき余地はあるのだが、民主政府を担った政治家たちは、結局対外債務を盾に迫る国際資本に対し屈服していった。それは「民主政府」が民衆の敵に転化したことを意味する。

1985年、対外債務の利払い拒否を宣言して大統領となったペルーの第一次ガルシア政権は、国際資本の集中砲火を浴びて炎上した。それはラテンアメリカ諸国に深い敗北感をもたらした。これを目の当たりにしたベネズエラの第二次ペレス政権は、IMF韓国を丸呑みする道を選択した。

このペレスという人物、かつてラテンアメリカでは、民主化の旗振り役としてきわめて評価の高かった人物である。数少ない非軍事政権の指導者として、ニカラグアのサンディニスタの闘いを支援し、地下資源の国有化を宣言し、キューバの国際政治への復活を図り、中米紛争の自主的解決のためのコンタドーラ・グループを組織した。

その人でさえIMF勧告を受け入れたのだからもう仕方ない、というのがおおかたの雰囲気だった。それにノーを突きつける形で、カラカスの民衆暴動が起きた。ペレスは戒厳令を発動し、軍を動員して鎮圧にあたった。

相当手ひどいやり方だったようで、チャベスらはこれに怒ったようだ。

軍隊というのは、そういうところがあって、「国と民衆を守るのは俺達だ、民衆に勝手なことしてもらっては困る」みたいな動きが必ず出てくる。

しかしこのナイーヴと見えた怒りは、じつは国内支配層や、それに付き従う中間層につきつけられていたのだ。

たとえ軍政よりましな民主政府と言えども、国際資本に従い民衆を抑圧する立場に立てば、それは打倒すべき敵だということを、チャベスはさまざまな勢力に先駆けて宣言した。そのことに大きな意義がある。


③闘う左翼の再構築を

当時、ソ連・東欧の崩壊を受けてラテンアメリカの左翼陣営は意気消沈していた。いくつかの国では共産党が事実上消滅していた。

アメリカとIMFは、ワシントン・コンセンサスなる構造改革と自由化を財政支援の踏み絵として押し付けた。少なくない社会主義者が、“革命でなく改革を”と称して、事実上ネオリベを受け入れていった。

中米戦争はニカラグアのサンディニスタ政権の敗北という形で終わりを遂げ、ラテンアメリカの民族解放闘争の路線も挫折を余儀なくされた。

全体に沈滞ムードが高まる一方で、民衆の困難は一段と強まり、闘いが求められていた。

クーデターという方式は決して誉められたものではないにせよ、国際資本主義やそれに追随する既成政治と決別し対決せよという呼びかけは、きわめて異色のものであった。