水田技術とは、詳しく言うと「水田田植法」ということで、これは当時の朝鮮にはなかったものらしい。ということになると、誰が渡って来たのだろう。

結局、古代朝鮮、とくに朝鮮海峡に面した半島南部に誰が住んでいたのだろうと言うことになる。日本に水田栽培の技術を持ち込んだあと、消滅してしまった人々の集団がいたと仮定しないと、ストーリーは完結しないようだ。

それは長江文明を担った人々と北方人の混住する集団であり、一部は日本から移住した縄文人を混じていたかもしれない。

米作り技術の伝播とDNA解析の示すところを統一的に把握しようとすると、選択肢は意外に狭い。

朝鮮半島南部は日本人の揺籃地帯であり、それが最終的に北方人に押し出されるかたちで九州に渡ってきたのではないだろうか。

以下に米作りの年表をまとめてみた。


BC1万年 江西省や湖南省で焼畑による陸稲栽培が始まる。(これまで稲作の起源といわれた雲南省の遺跡はBC2000年以降)

BC5000年 揚子江下流の浙江省河姆渡遺跡で水田耕作が始まる(水田遺構は発見されていないが耕作の遺物が発見されている)。長江文明の始まりとされる。

BC4000年 揚子江下流江蘇省呉県の草鞋山遺跡で最古の水田遺構。

BC4000年 岡山県彦崎貝塚で確認された陸稲(熱帯ジャポニカ種)プラントオパールがこの頃のものとされる。

BC3500年 朝鮮半島で雑穀などの小規模な栽培が始まる。

BC3000年 淮河(中国の畑作・米作境界ライン)を越えて山東半島まで稲作が到達。同じ頃の平壌市南京遺跡から、山東半島と同形の短粒米が出土。

BC2500年 寒冷化が進む。落葉樹の南限も下がり、東北縄文人が近畿地方にまで南下する。

BC2000年 長江流域の諸都市が相次いで消滅。長江文明が崩壊したとされる。(一説にはBC1000年まで存続)

BC1500年 縄文期の岡山県南溝手遺跡などで陸稲による稲作が確認される。ほかにオオムギ、アズキ、アワなども確認されている。
BC1050年 「殷」が滅亡。「周」朝が興る。周は殷の重臣だった箕子を朝鮮王に封じる。朝鮮王朝の支配域は平壌を中心とする範囲であった。それより南、現在の韓国は「韓」と呼ばれ、周にまつろわぬ民の住むところであった。

BC1000年 遼東半島の最古とされる米(陸稲)がこの頃のものとされる。

BC800年 南朝鮮で大規模な水田が開発される。伝来経路は山東半島→朝鮮半島中部説、江南→南海岸地方の2説がある。

BC800 唐津市菜畑遺跡で日本最古の水田が確認される。出土した生活道具は、すべて縄文文化に由来するものだった。

BC500 水田田植法を用いた日本最古の水田址遺跡。岡山県津島江道遺跡、福岡平野の板付遺跡などで発見され、この頃のものと確認される。最初の水田はいずれも低湿地に作られる。

BC473 長江流域を支配する「呉」が「越」に滅ぼされる。「越」もBC334年に「楚」に滅ぼされる。

BC223 「楚」が滅亡。秦が中国全土を統一。楚の成立に関しては北来説が有力だが、独特の文字や憑依系シャーマニズムなど土着の文化を担っていた。

BC200 津軽平野での水田耕作が確認される。

BC194年 燕の衛氏が朝鮮に王朝を開く。

AD1500 朝鮮で水田田植法が開始される。それまでは水田直撒き法で、田植は日本から持ち込まれたものとされる。

下の図は日本人の源流を探してより転載したものである。DNA解析をベースにしており、説得力がある。

inasaku_no_dennpann_keiro1