一応、日本人起源論はこのくらいで打ち止めにしておこう。
1.縄文人・弥生人・渡来人のうち、弥生人=渡来人という判断には、依然として疑問が残るが、基本的には受け入れる。
2.埴原の縄文人=南方系説は、その後の知見によりほぼ否定された。縄文人は樺太方面から南下した人々だ。
3.縄文人と同じ北方由来の人々が、揚子江流域に広く分布していた。
4.BC1000年以降、弥生系と同じ新たな北方系が東アジア全土に南下した。旧北方系の人々は辺境に追いやられた。
5.日本においては一方的に駆逐されるのではなく、かなり多くの縄文人が弥生系と混交した。
6.米作りの伝播は、これらの流れとは別に考えなければならない。

*4の時代はもっとさかのぼるかもしれない。水田栽培の起源は長江中流域とされているが、それを担ったのが現代中国人なのか縄文系なのかが目下不明である。
*5の縄文系と弥生系の混交は、九州でなく朝鮮半島南部ですでに行われていた可能性もある。琉球まで進出した縄文人が、朝鮮半島に渡らなかったと考えるのも、むしろ不自然であろう。
そこで混血した人々がふたたび海をわたり、縄文人を排除しながら全土へと拡散したと考えると、ハーフ・アンド・ハーフという遺伝子学的人種構成ははるかに説明しやすくなる。

上記記事は重要な誤りを多数含んでいます。